【節分祭】福よ来い「福は内」 原嘉孝宮司、厳かに豆まき/伊豆山神社



伊豆山神社で2月3日、恒例の節分祭があり、神社役員や観光関係者が豪快に豆をまいた。午後4時からの神事には大館節生筆頭責任役員、高橋和幸実行委員長、森本要副市長、高橋幸雄市議、今年度の御鳳輦奉仕者「伊豆山巽剛一會(たつみごういちかい)」の年男、年女らが参列し、無病息災や家内安全を祈願した。
豆まきは午後4時からの節分祭祭儀に続いて本殿前の特設舞台で行われ、原嘉孝宮司の「福は内」の掛け声とともに一斉に福豆や福餅がまかれると、境内は福を得ようとする参拝者が手を伸ばした。責任等番町は浜町内会。
正午から同神社社務所、伊豆山浜会館、岸谷クラブで福豆を1袋250円で頒布。福引では、空くじなしで様々な景品が当たり、大にぎわいだった。
(熱海ネット新聞)





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-11

    御神女の小川寧子さん、伝統の「神女神楽」を披露 来宮神社例大祭で奉納

    来宮神社例大祭で「神女神楽(みこかぐら)」を奉納する小川寧子(おがわ・ねね)さん(第一小1年)が7…
  2. 2020-7-10

    来宮神社例大祭 「浦安の舞」公開稽古 コロナ予防で歴代初のデュオ奉納

    熱海市の来宮神社(雨宮盛克宮司)例大祭(7月14-16日)で「浦安の舞」を奉納する舞姫2人が7月1…
  3. 2020-7-10

    東急不動産、熱海港観光のホテル建設計画取り下げ コロナで先行き見通せず

    東急不動産(東京都渋谷区)が熱海港観光施設(現海釣り施設駐車場)の市有地を借り受けて会員制ホテルを…
  4. 2020-7-8

    休業要請外の売上減事業者 一律10万円給付 申請受付7月17日まで

    新型コロナウイルスのために収入が減った事業者のうち、休業協力金の対象から外れた事業者に熱海市が独自…
ページ上部へ戻る