【社寺】お札をお焚き上げ、御利益に感謝…立春招福祭/熱海成田山




仲田のお不動さんで知られる熱海市水口町の熱海成田山で2月4日、立春に合わせて大護摩供(おおごまく)が執り行われ、参拝者が本尊の不動明王に家内安全や商売繁盛を祈った。成田山川越別院主監の石井照典熱海成田山住職が、護摩壇に木で組んだ炉から高々と上がる炎の中に、1年間に納められたお札を次々に投げ込み、お経や真言を唱えて祈祷した。大勢の参拝者らは手を合わせて見守った。
■護摩供養後、豆まきで招福祭
大護摩供養後、立春招福祭を開催。境内前で当たりくじ付きのお餅や豆をまき、地元住民らが家内安全や商売繁盛、世界平和を祈って手を伸ばした。熱海成田山では「2月3日の節分で厄を払った後、2月4日に福を招く」との考えから、毎年この日に豆まきを実施している。
(熱海ネット新聞・松本洋二)




石井照典熱海成田山住職

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-4-18

    「まん延」で首都圏の日帰り客激減 宿泊客がゆったり花火見物

    今年度最初の熱海海上花火大会が4月17日、熱海湾で開催された。前線の影響で小雨が降り続く中…
  2. 2021-4-17

    「初島ところ天祭り」2年連続で中止 首都圏のコロナ感染再拡大で

    熱海市の初島区事業共同組合は、第46回「初島ところ天祭り」の中止を決めた。同組合は例年5月…
  3. 2021-4-16

    色鮮やかなツツジ、今年も晩春パノラマ MOA美術館「水晶殿」

    熱海市のMOA美術館のエスカレーター入口近くの展望台「水晶殿」でツツジが見ごろを迎えた。台…
  4. 2021-4-16

    ツツジ、姫の沢公園の山肌赤く染める 例年より2週間早く見ごろに

    熱海市の姫の沢公園で約6万株の赤やピンクのツツジが見ごろを迎えた。例年より2週間ほど早い。…
ページ上部へ戻る