【文化】歌碑に寄り添うあたみ桜~与謝野晶子/熱海市上多賀

「多賀の海 色をつらねて 出で来たる 船うつくしく 舞子のやうに」
熱海市上多賀の国道135号沿いにある与謝野晶子の歌碑横で、あたみ桜が見頃を迎え、春の雰囲気を醸しだしている。歌人・与謝野晶子は1934年(昭和9年)6月、夫鉄幹とともに多賀村(当時、現熱海市)を訪れ、知人の植竹氏の別荘で休憩し、数首の歌を詠んでいる。上多賀園地には晶子が、多賀の海をうたった歌碑が建立されている。
2007年(平成19年)1月、網代多賀ロータリークラブが創立20周年を記念して建立した。
(熱海ネット新聞)
■与謝野晶子 歌人、作家、思想家。1878年(明治11年)~ 1942年(昭和17年)。雑誌「明星」等に作品を発表。代表歌集に「みだれ髪」。夫は与謝野鉄幹。
■多賀中にも 与謝野晶子の歌碑は熱海市立多賀中学校正門脇にもある。碑文「棚作り 臙脂のいろの網をかく多賀の磯より中野濱まで」(晶子)「ここに見る 多賀の海原ひろければ こころ直ちに大空に入る」(鉄幹)。昭和9年6月に夫妻で訪れ、多賀の海を一望できるこの地で詠んだ。こちらはヒマラヤザクラが寄り添う。


国道135号線、長浜海浜公園前

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-7

    8月の熱海海上花火大会、各回とも生中継 日帰り客は自宅で観賞を

    熱海市は、新型コロナウイルス感染防止策として、8月5日から再開する夏季熱海海上花火大会(熱海湾)を…
  2. 2020-7-7

    新社長に富岡篤美氏 エフエム熱海湯河原 多賀・網代の難聴地区解消へ

    熱海市の「エフエム熱海湯河原」はこのほど、定時株主総会・取締役会を開き、役員改選で市内下多賀の旅館…
  3. 2020-7-5

    小池知事「都民は他県への移動遠慮を」静岡県「見えない感染者」警戒

    東京都で新型コロナウイルスの感染者が3日連続で100人を超えたのを受け、小池百合子知事は7月4日、…
  4. 2020-7-3

    令和樹神會、熱海中学校を訪問「モォー」塩見校長も豪快に「麦こがし」 

    来宮神社の例大祭で本年度御鳳輦(ごほうれん)奉仕を行う厄年奉賛会「令和樹神會」(れいわこだまかい)…
ページ上部へ戻る