【文化】紅梅と鶴 富岡さんのライブペイント完成/熱海駅ビル「ラスカ熱海」


通行人などの観客の前でアーティストが即興で絵を描くイベント「ライブペインティング」が2月12日までの3日間、ラスカ熱海1階改札口側エスカレータで開催された。JR熱海駅ビル「ラスカ熱海」を運営する湘南ステーションビルが「熱海の良さを再発見してもらおう」と企画。熱海市下多賀出身のイラストレーター富岡美紀さん(30)がアクリル絵の具で紅梅と鶴を描き、訪れる人たちを楽しませた。作品は3月末まで展示する。
駅改札口の正面の屋根には、日本画家平松礼二さん(鎌倉市)が熱海の象徴「梅」をイメージしてデザインした大型ステンドグラス「花の郷(はなのさと)が設置されており、富岡さんの「紅梅と鶴」とともに熱海梅園「梅まつり」を訪れる観光客らを出迎えている。
(熱海ネット新聞)


大型ステンドグラス「花の郷(はなのさと)」

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新イベント情報

ピックアップ記事

  1. 2018-8-15

    熱海音頭で盆踊り 観光客と市民が踊りの輪/ 網代温泉「ふる里祭り」

    熱海市網代温泉の夏の風物詩「ふる里祭り・盆踊り」が8月14日始まり、初日はおよそ200…
  2. 2018-8-14

    お盆休みピークに突入 熱海サンビーチ賑わう、今夏最高の人出

    お盆休みが始まった8月13日、熱海サンビーチは首都圏などから訪れた行楽客や帰省客でにぎわ…
  3. 2018-8-14

    U ターンラッシュ始まる、上り線渋滞 熱海市内の道路混雑

    お盆入りの8月13日、熱海市内の幹線道路はお盆休みを利用して熱海市を訪れる人や一足先に夏休み休暇を楽…
  4. 2018-8-14

    【お悔やみ】鈴木孟彦さん(熱海市網代)8月11日死去

    鈴木孟彦さん(すずき・たけひこ)8月11日死去、83歳。熱海市網代。出棺15日午前11時、JAホール…
ページ上部へ戻る