【観光】寒さがなんだ!花火と夜桜、セットで賑わう/熱海海上花火大会





あたみ桜と様々な梅が咲き進む熱海市も2月12日は冬の寒さに一変。冷たい風が吹き付け、真冬のような寒さとなった。それでも3連休とあって熱海梅園や糸川遊歩道では午前、午後とも花見見物の行楽客でにぎわった。夜は多くの人が渚親水公園を訪れ、強風を切り裂くように打ち上げられる花火の数々を見上げた。
「あたみ桜・糸川桜まつり」は11日で閉幕したが、あたみ桜の見頃が続いており、市は糸川遊歩道のライトアップ期間を28日まで延長。花火終了後は、夜桜見物に繰り出し、観光客で混雑した。熱海では、海上花火大会開催日に毎回屋台が並び、夏の雰囲気を醸し出している。映画「火花」効果もあり、定番の焼きそばやイカ焼きを買い求めていた。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
■主催=熱海市ホテル旅館協同組合連合会
■観衆=1万2000人
■2018年(平成30年)の熱海海上花火大会
春 1/14(日)・2/12(月祝)・4/14(土)・4/22(日)・5/12(土)・5/27(日)・6/3(日)・6/17(日)
夏 7/27(金)・7/31(火)・8/5(日)・8/8(水)・8/19(日)・8/24(金)・8/30(木)
秋 9/17(月・祝)
冬 12/9(日)・12/16(日)




関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-5-28

    特別定額給付金10万円 熱海市、第1回目の振込実施 オンライン申請者へ

    新型コロナウイルスに伴う緊急経済対策として国が国民1人当たり10万円を配る特別定額給付金について …
  2. 2020-5-28

    熱海梅園でゲンジボタルの「夜間飛行」始まる いくつもの幻想的な光跡

    「ホタルの名所」熱海梅園で5月27日夜、ホタルたちが飛び交い始めた。園内を流れる初川支流の通称「ほ…
  3. 2020-5-27

    コロナ時代の「新しい生活様式」、カウンター席に「仕切り」 あたみ田中家

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う政府の緊急事態宣言が全面解除され、首都圏からの観光客が約8…
  4. 2020-5-27

    熱海市 6月1日から文化、公園、観光施設を再開 起雲閣、海釣り施設など

    熱海市は5月27日、新型コロナウイルス対策で臨時休館していた文化施設と公園施設、観光施設の一部を6…
ページ上部へ戻る