【予算案】一般会計予算211億5000万円 2003年以来の超大型編成

熱海市は2月15日、2018年度当初予算案を発表した。一般会計は前年度当初比13・8%増の211億5000万円で13・5%(25億6500万円)の増加。200億円を超えるのは2003年以来で齊藤栄市長になってからは最大規模。6特別会計と3公営会計を合わせた予算総額は6・3%増の400億900万円。歳入は市債が28億8500万円(89・1%増)、財政調整基金などからの繰り入れが16億200万円(28・6%増)。市民税、入湯税は前年とほぼ同額の96億5200万円を見込んでいる。
(熱海ネット新聞)
■主な事業(観光・商業振興)
・初島の休憩施設=2億5000万円
・姫の沢公園・スポーツ広場改修=1億6300万円
・海釣り施設整備=5000万円
・大湯間欠泉修景整備=1700万円
・熱海国際映画祭=0円
■主な事業(市民生活)
・エコ・プラント姫の沢保全工事=6億4256万円
・あたみ認定こども園新設=6億100万円
・南熱海支所・消防署出張所改築=4億4873万円
・児童発達支援センター整備(上多賀幼稚園跡地)=5400万円
・熱海市版エンディングノートの作成・活用促進=115万円


齊藤栄市長

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-8-7

    「熱海市の発展に使って」市にゆかりのある夫妻が匿名で3000万円寄付

    熱海市は8月7日、「熱海市の発展のために使ってほしい」と、熱海市にゆかりのある夫妻から現金3000…
  2. 2020-8-7

    【お悔やみ】石塚周三さん(熱海市和泉)8月4日死去

    石塚周三さん(いしづか・しゅうぞう)8月4日死去、79歳。熱海市泉。通夜8日午後6時。葬儀9日午後…
  3. 2020-8-6

    熱海サンビー混雑状況 初めて「普通」表示 800人以下の「空き」脱出

    熱海海上花火大会が開催された8月5日、熱海サンビーチには首都圏などから多くの海水浴客が訪れた。新型…
  4. 2020-8-6

    4カ月遅れて熱海海上花火大会 ライブ配信が奏功 生観覧は例年の約4割

    新型コロナウイルスの影響で4月から中止が続いた熱海海上花火大会が8月5日夜、熱海湾であり、…
ページ上部へ戻る