【市政】子育て・教育環境の充実や高齢者福祉/市長が施政方針演説

熱海市議会2月定例会が2月22日開会し、齊藤栄市長が施政方針演説を行った。「熱海の次の10年、20年を見据え、持続的な発展のための礎(いしずえ)づくりに着手する」と話し、来年度は子育て・教育環境の充実や高齢者福祉に力を入れ、人口定着を図る。具体的には、子ども医療費助成制度(自己負担0、所得制限なし)の対象年齢を現行の15歳から18歳に拡大。また第二小と小嵐保育園園舎のリノベーションにより、「(仮称)あたみ認定子供園」を整備する。高齢者福祉では、地域における身近な居場所として地域サロンを立ち上げ、トータルで支援する。
■熱海を拠点に近隣市町の観光施設を巡る二次的交通の整備
基幹産業の観光については、2019年春のディストネーションキャンペーンや2020年東京五輪・パラリンピックを踏まえ、熱海を拠点に世界遺産・韮山反射炉や三島スカイウォークなどの近隣市町の観光施設を巡る二次的交通の整備に着手する。6月には、閑散期の誘客対策として「熱海国際映画祭」を開催し、国内外に熱海の名を発信していく。また、首都圏に最も近い有人島の初島に2019年度当初の供用開始を目指し、休憩施設を建設する。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-22

    ダイヤモンド・プリンセスの乗客に熱海市の夫妻も 下船許可に安堵

    横浜港・大黒ふ頭に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で2月21日、新型コロナウイルスの…
  2. 2020-2-21

    静岡県立高校の入学願書締め切り 熱海は0.94倍 で定員割れ

    静岡県内の公立高校の入学願書の受け付けが締め切られ、県教育委員会は2月20日、志願倍率を発表した。…
  3. 2020-2-21

    新型肺炎感染に配慮 藤曲敬宏県議「県議会傍聴バスツアー」取りやめ

    新型コロナウイルスによる肺炎拡大で、熱海市選出の藤曲敬宏県議の後援会「藤曲たかひろ事務所」は、3月…
  4. 2020-2-20

    「大漁桜」が満開 漁師まちがサクラダイ色 網代・阿治古神社

    熱海市網代の阿治古神社で大漁桜(タイリョウザクラ)が満開を迎えた。多賀中で校長を務めた故角田春彦さ…
ページ上部へ戻る