【観光】伊豆多賀の春の風物詩、朝採り生ワカメ販売に長蛇の列/わかめまつり


熱海に春の訪れを告げる「わかめまつり」(実行委員会主催)が2月24日、長浜海浜公園・うみみえ~る長浜で始まった。地元の多賀湾で朝採れた養殖ワカメ、メカブを観光客に提供することで伊豆多賀温泉の集客につなげようと、毎年この時期に開催しているイベントで33回目。春の風物詩として定着。リピーターが年々増えているのに加え、河津町の河津桜が見物の時期を迎え、朝から長い列ができた。
ワカメは上多賀・戸又港で千とせ丸、泰幸喜丸、魚光丸が水揚げしたものを協会職員がピストン輸送して販売した。会場ではワカメのみそ汁やワカメサラダがふるまわれたほか、ワカメラーメン、干物、イカメンチ、ミカン、地場野菜、貝類、海産加工品なども販売されている。今年は「網代温泉ひもの祭り」と一緒に開催している。25日まで。
問い合わせは、多賀観光同協会☎0557-67-2255へ。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
■人気は詰め放題 生ワカメの詰め放題は1袋(約1・5キロ)1000円。午前10時と午後1時から各回100人限定で販売。700グラム500円でも一般販売。希少の生メカブは400グラム700円で販売したが即刻完売。
■試食コーナー 地元の三島信用金庫網代駅支店の行員がワカメのみそ汁、サラダをサービス。揃いの法被で販売にも協力。


椎野治美実行委員長

山田哲也伊豆多賀観光協会会長

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-10-25

    熱海、本格的な回復を取り戻す 花火大会に1万1千人 年内に4回追加

    政府の観光支援事業「GoToトラベル」に東京発着が加わって1カ月。旅先の買い物、飲食に使え…
  2. 2020-10-25

    姫の沢公園で「スポーツフェスタ」5種類の教室で専門家から学ぶ

    コロナ禍で運動不足になった市民に様々なスポーツを体験してもらおうと10月24日、熱海市の姫…
  3. 2020-10-25

    【お悔やみ】長津昭治さん(熱海市下多賀)10月23日死去

    長津昭治さん(ながつ・しょうじ)10月23日死去、94歳。熱海市下多賀。通夜26日午後6時。葬儀2…
  4. 2020-10-24

    森村誠一さん提唱の「熱海写真俳句撮詠物語」展 起雲閣で開催中

    写真俳句提唱者の森村誠一さんが名誉顧問を務める写真俳句団体「熱海写真俳句撮詠物語」(矢崎英夫代表)…
ページ上部へ戻る