【観光】狙い通り相乗効果、わかめ祭りと同時開催/網代温泉ひもの祭り


網代名産の干物を観光客にPRする今シーズン最後の「網代温泉ひもの祭り」が2月24日始まった。毎年、11月から2月に月1回に催される冬季誘客イベントで通常は網代温泉の大縄公園で開かれるが、2月だけは多賀の長浜海浜公園で開催する。川口健網代温泉観光協会会長ら協会役員がそろいの赤い法被姿で脂の乗ったアジの干物を炭火で手際よく焼き、3000匹を観光客や市民に振る舞った。干物やアジフライ、アジすしなどの地元グルメも販売している。
当初は単独開催を予定していたが、わかめ漁の最盛期と重なったことから、「わかめまつり」(多賀観光協会主催)にうみみえ~る長浜の会場を譲る形で、隣接する長浜海浜公園で開催。狙い通り、相乗効果で両イベントとも多くの観光客でにぎわい、ともに長蛇の列ができた。25日もW開催する。
■熱海型DMO創設に多賀観協会と網代協会が協力
観光都市の熱海は、6つの観光協会が分立し、日程を調整、競い合う形で誘客に努めている。熱海型DM0創設へ向けて統一する動きがあるものの、ライバル関係にあることから長年にわたり課題のままで終わっている。各観光協会統合へ向け、網代温泉観光協会と多賀観光協会(山田哲也会長)が協同し、大きな一歩を踏み出した。各会派の市議会議員も全員集まり、両協会の連携に注目していた。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
■熱海市の観光協会 熱海市観光協会、多賀観光協会、網代温泉観光協会、伊豆山温泉観光協会、伊豆湯河原温泉観光協会、初島区事業協同組合

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-8-17

    去りゆく夏、大輪が網代温泉の夜空焦がす 南熱海夏イベントの掉尾飾る

    熱海市の網代湾で8月16日午後8時20分から、網代温泉海上花火大会(同温泉観光協会…
  2. 2019-8-17

    熱海の夏の風物詩「百八体流灯祭 」 270基のかがり火で精霊送る

    お盆に迎えた先祖の霊を送る伝統行事「百八体流灯祭」(多賀観光協会主催)が8月16日午後8時…
  3. 2019-8-17

    送り盆行事 「灯ろう流し」 揺れる光見つめ、先祖の魂を弔う 熱海市・長浜海岸

    先祖や亡くなった人の霊を供養する送り盆の行事「灯ろう流し」が8月16日、熱海市上多賀の長浜…
  4. 2019-8-16

    日本初の人工海水浴 隠れた人気、伝説の網代温泉海水浴場

    熱海市にある3つの海水浴場の中で、ひときわ異彩を放つのが網代温泉海水浴場(大縄)。熱海市下…
ページ上部へ戻る