【編集室】キャディさんが助っ人! ワカメ収穫が最盛期/上多賀・戸又港




熱海市の長浜海浜公園で開催された「わかめまつり」(2月24、25日)では、2日間で約4トンの生ワカメとメカブが販売された。これらの養殖ワカメは上多賀・戸又港でちとせ丸、泰幸喜丸、魚光丸が当日水揚げしたものを協会職員がピストン輸送して会場に運んだ。
このうち、ちとせ丸(藤間典郎船長)では、多賀湾の水深10メートルで収穫したワカメを戸又港で陸に揚げ、10人の女性たちが見事なチームワークでワカメとメカブに切り分けた。実はこの女性たちは、大熱海国際ゴルフクラブのキャディさん。養殖のワカメ漁の収穫が最盛期を迎える一方、寒さでゴルフ場が閑散期なことから、毎年手伝ってもらっているという。
■熱海高ヨット部の2人も助っ人
戸又港には、熱海高校ヨット部の艇庫があり、ヨット部部員で今春卒業する藤間千歳君と加藤誠也君も作業を手伝った。藤間君は父親・典郎さんの背中を追って東海大学海洋学部に進学。加藤君は日本郵便への就職が決まっている。全国には、人手不足でワカメの収穫がままならない地域もあるが、上多賀では知恵と人脈で解決している。働き方改革のお手本がここにある。
(熱海ネット新聞・松本洋二)



藤間千歳君(左)と加藤誠也君



メカブ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-4-9

    熱海の良質な上水道に感謝、安定供給願う 明水神社例大祭 熱海管工事工業協同組合

    熱海管工事工業協同組合は4月9日、市内西山町の「明水神社」で春季例大祭を斎行した。来宮神社…
  2. 2020-4-9

    熱海芸妓、熱海市にマスク寄贈 子どもたちに手作り200枚 コロナ感染予防

    子どもたちの新型コロナウイルスへの感染予防に役立ててほしいと、熱海芸妓置屋連合組合は4月8…
  3. 2020-4-9

    新型コロナ 熱海商議所、12日と19日に「事前予約制」で特別相談窓口 

    新型コロナウイルスの感染拡大で深刻な影響が出ている熱海市内の事業所を支援するため、熱海商工会議所は…
  4. 2020-4-9

    5月18日の熱海海上花火大会も中止 今季開幕から3大会連続

    新型コロナウイルスの感染拡大を受け、熱海市ホテル旅館協同組合連合会は4月8日、5月9日(日)に実施…
ページ上部へ戻る