【観光】熱海市に新たな観光名所 「紅白梅図屏風アート回廊」/瑞雲郷梅園


国宝「紅白梅図屏風」展が開催されているMOA美術館(熱海市桃山町)に隣接する瑞雲郷梅園で、梅が見頃を迎えている。同美術館の創設者で世界救世教教祖の岡田茂吉氏(明治15-昭和30年)が、尾崎光琳が描いた「紅白梅図屏風」の曲線美を造園化した梅園で白加賀、青軸、八重寒紅、枝垂れ梅、思いのままなど約40品種、290本ほどが植えられいる。爽やかな香りで人気が高い。園内に設けられた茶屋「清香亭」から見上げると「紅白梅図屏風」が体感できる。入場無料。
■桃山地区の新たな名所 「紅白梅図屏風アート回廊」
今年はバスで同美術館を訪れた人が、帰りは徒歩でこの梅園を通ってJR熱海駅へ向かい、途中、「池田満寿夫・佐藤陽子創作の家」へ立ち寄って行く人が増えている。熱海市は桃山地区のこの時期の新しい”アート回廊”にしようとPRを展開中。江戸時代中期を代表する画家・光琳の最高傑作とされる紅白梅図屏風は作品保護のため、展示期間に制約があり、毎年この時期のみ展示している。今年は1月26日から3月13日まで。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
写真=2月27日撮影
■アクセス 熱海駅バス乗り場よりMOA美術館下車。桜山を降り徒歩3分。
■問い合わせ 0557-84-2111(MOA美術館)





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-12-10

    湯川れい子さん訳詞の「ボヘミアン・ラプソディ」、氷川きよしさんが日本語カバー

    英国の伝説的ロックバンド・クイーンと独自のパイプを持ち、熱海を拠点に活躍する音楽評論家の湯川れい子…
  2. 2019-12-10

    【お悔やみ】仲森栄さん(熱海市和田町)12月8日死去

    仲森栄さん(なかもり・さかえ)12月8日死去、79歳。熱海市和田町。通夜12日午後6時。葬儀13日…
  3. 2019-12-9

    消費増税も影響なし、忘年熱海海上花火大会に1万5千人 冬の夜空彩る

    熱海梅園もみじまつりが閉幕した12月8日夜、熱海市では年末恒例の忘年熱海海上花火大会がスタ…
  4. 2019-12-8

    第31代ミス熱海「梅の女王」に杉本和香奈さん 聖心女子大卒の才媛

    熱海市観光協会は12月8日、起雲閣で「第31代ミス熱海梅の女王」と「同梅娘」「同桜娘」の発…
ページ上部へ戻る