【観光】熱海市に新たな観光名所 「紅白梅図屏風アート回廊」/瑞雲郷梅園


国宝「紅白梅図屏風」展が開催されているMOA美術館(熱海市桃山町)に隣接する瑞雲郷梅園で、梅が見頃を迎えている。同美術館の創設者で世界救世教教祖の岡田茂吉氏(明治15-昭和30年)が、尾崎光琳が描いた「紅白梅図屏風」の曲線美を造園化した梅園で白加賀、青軸、八重寒紅、枝垂れ梅、思いのままなど約40品種、290本ほどが植えられいる。爽やかな香りで人気が高い。園内に設けられた茶屋「清香亭」から見上げると「紅白梅図屏風」が体感できる。入場無料。
■桃山地区の新たな名所 「紅白梅図屏風アート回廊」
今年はバスで同美術館を訪れた人が、帰りは徒歩でこの梅園を通ってJR熱海駅へ向かい、途中、「池田満寿夫・佐藤陽子創作の家」へ立ち寄って行く人が増えている。熱海市は桃山地区のこの時期の新しい”アート回廊”にしようとPRを展開中。江戸時代中期を代表する画家・光琳の最高傑作とされる紅白梅図屏風は作品保護のため、展示期間に制約があり、毎年この時期のみ展示している。今年は1月26日から3月13日まで。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
写真=2月27日撮影
■アクセス 熱海駅バス乗り場よりMOA美術館下車。桜山を降り徒歩3分。
■問い合わせ 0557-84-2111(MOA美術館)





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2018-12-16

    陸前高田応援「タカタ・フェスタ」 あったか熱海でワンデー開催

    東日本大震災の津波被害を受けた岩手県陸前高田市の復興を応援するイベント「タカタ・フェスタ・イ…
  2. 2018-12-15

    「電子図書館」スタート 小説や郷土資料、無償貸し出し/熱海市立図書館

    熱海市立図書館は12月からインターネットを通じた電子図書の無料貸し出しサービスを始めた。小説…
  3. 2018-12-14

    三大流星群の一つ「ふたご座流星群」、熱海上空を通過! 15日朝まで飛行中

    三大流星群の一つで、冬の夜空を華やかに彩る「ふたご座流星群」が12月14日夜にピークを迎え、熱海市街…
  4. 2018-12-14

    1月の市長、議長らのハワイ視察 議会の反発で断念/熱海市議会

    [caption id="attachment_98337" align="alignnone" w…
ページ上部へ戻る