【観光】総入園者19万4309人、うち宿泊者は9万2902人/梅まつり

「梅まつり」が閉幕した熱海梅園で、遅咲きの梅たちが次々に開花している。全体としては見頃過ぎ入ったが、「見驚(けんきょう)」「東錦」「武蔵野」「緑萼枝垂れ」などが咲き誇っている。これからきれいになっていくのが「白獅子」乱雪」。もっとも遅咲きの「開運」が大トリを務める。
熱海市によれば、今年の「梅まつり」(1月6日~3月4日)の総入園者は19万4309人。前年を864人(0・4%増)上回った。最も多かったのは2月11日の7795人。入園料の徴収を始めた2011年以降では3番目に多かった。このうち、宿泊者は9万2902人。総入園料は約3681万円で前年より7・9%増えた。
(熱海ネット新聞)
写真=3月7日撮影



見驚



武蔵野

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2018-12-15

    「電子図書館」スタート 小説や郷土資料、無償貸し出し/熱海市立図書館

    熱海市立図書館は12月からインターネットを通じた電子図書の無料貸し出しサービスを始めた。小説…
  2. 2018-12-14

    三大流星群の一つ「ふたご座流星群」、熱海上空を通過! 15日朝まで飛行中

    三大流星群の一つで、冬の夜空を華やかに彩る「ふたご座流星群」が12月14日夜にピークを迎え、熱海市街…
  3. 2018-12-14

    1月の市長、議長らのハワイ視察 議会の反発で断念/熱海市議会

    [caption id="attachment_98337" align="alignnone" w…
  4. 2018-12-13

    “山田治雄”健康松花堂弁当、公開講座が満員 「釜つる」料理長 内山栄二さん

    静岡県の「健康長寿・食と健康」公開講座がこのほど、熱海市役所いきいきプラザで開かれ、ふじのく…
ページ上部へ戻る