【市政】県の補助金300万円、条件満たさず不交付/芸妓見番修繕工事


熱海市議会が11月定例会で議決した熱海芸妓見番歌舞練場(芸妓見番)の雨漏り補修工事1200万円の一般会計補正予算について、見込んでいた静岡県の観光事業補助金300万円が交付されないことが分かった。市議会2月定例会一般質問で米山秀夫氏がこの問題を取り上げ、市当局が「既存施設は補助対象外だった」と答えた。同会計補正案から全額削除し、市が市税を投入して肩代わりする。
■芸妓見番600万、市と県が各300万円のはずが
熱海市は11月定例会で芸妓見番の補修工事に1200万円を提案。その際、議会には、芸妓見番が600万円、市と県が各300万円助成すると説明していた。しかし、県の観光事業補助金300万円が交付されず、市当局は「県の担当者からは維持補修事業は(観光事業補助金の)対象とならない、と当初に説明があった。そのうえで新たな設備投資を伴い、既存施設の修繕も必要ということであれば、可能性はあるとのことだった」と経緯を説明。「芸妓見番と整備事業を検討したが、総事業費がかさむこともあり、整備事業に至らなかった」と釈明した。これに対し、米山氏は「県から対象外との説明があったのは9月、にもかかわらず11月定例会で上程したのは、だまし討ちに近い」と糾弾した。
■市長、芸妓衆3人と知事を訪問も奏功せず
齊藤栄市長にも「1月18日に市長は芸妓衆3人と梅の鉢を持って県庁に川勝平太知事を訪ねている。新聞報道によれば、その際、知事はこれからは芸妓の時代です、と話している。補助金の再考を求めなかったのか」とただした。市長は「その際は、新年のあいさつと梅まつりのPR目的で出向いた。その場で補助金の話をするのは相応しくないと判断した」と言うにとどめた。
(熱海ネット新聞・松本洋二)

■熱海をどり 熱海芸妓見番歌舞練場で4月28、29日に開催。今年の演題は、常磐津「東都獅子」、俗曲「積雪募恋容」(つのるおもいやこいすがた)「あべこべ歳時記」。静岡デスティネーションキャンペーンのプレ期間(4~6月)の一環として実施。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-5-28

    特別定額給付金10万円 熱海市、第1回目の振込実施 オンライン申請者へ

    新型コロナウイルスに伴う緊急経済対策として国が国民1人当たり10万円を配る特別定額給付金について …
  2. 2020-5-28

    熱海梅園でゲンジボタルの「夜間飛行」始まる いくつもの幻想的な光跡

    「ホタルの名所」熱海梅園で5月27日夜、ホタルたちが飛び交い始めた。園内を流れる初川支流の通称「ほ…
  3. 2020-5-27

    コロナ時代の「新しい生活様式」、カウンター席に「仕切り」 あたみ田中家

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う政府の緊急事態宣言が全面解除され、首都圏からの観光客が約8…
  4. 2020-5-27

    熱海市 6月1日から文化、公園、観光施設を再開 起雲閣、海釣り施設など

    熱海市は5月27日、新型コロナウイルス対策で臨時休館していた文化施設と公園施設、観光施設の一部を6…
ページ上部へ戻る