【市政】国庫補助金、交付申請せず 大きな損失/小中学校の洋式化工事 

熱海市は2018年度から市内小中学校のトイレの便器を和式から様式に順次取り換える。初年度は第一小と第二小で改修工事を実施する。これに伴い、市は当初予算に9900万円を計上した。3月8日の市議会一般質問で田中秀宝氏が「市単独で行うとのことだが、国庫補助金の交付申請をしないのか」とただした。
市当局は「文科省が所轄する学校施設交付金による助成金があることは承知しているが、静岡県教育委員会に相談したところ、全国的に申請数が多く、採択が難しいとのことで申請しなかった」と答弁。これに対し、田中氏は「県内でも申請した約半数16市町が採択されている。近隣では伊豆の国市が1小学校で2735万円の交付金をいただいている。本来もらえる補助金を得られなかったとしたら大きな損失ではないか」と指摘した。これに対し、市は「国の補正予算が編成されると当初の採択漏れの事業が優先されると聞き、来年度予算からはしっかりと活用していきたい」と述べた。
また田中氏は、9月の市長選に出馬表明している齋藤市長にあらためて立候補の意思を質し、市長は「すでに表明した通り、4選を目指して参りたい」と粛々と述べた。
(熱海ネット新聞・松本洋二)

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-1-27

    熱海市の新規コロナ感染者22人 県内では過去最多を3日連続更新=1月27日

    静岡県と熱海市は1月27日、熱海市で22人の新たな新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。県内…
  2. 2022-1-27

    「まん延防止」適用の酒類販売と時短、30日までは準備期間で通常営業

    新型コロナウイルスまん延防止等重点措置の適用を受け、静岡県はきょう1月27日から人流抑制のため飲食店…
  3. 2022-1-27

    熱海市内の小学校児童と保育園児がコロナ感染 学年及びクラス閉鎖 

    熱海市教育委員会は1月27日、市内の小学校1校の児童1人と保育園1園の園児1人の新型コロナウイルスの…
  4. 2022-1-26

    熱海市の一般高齢者 きょう27日から3回目接種予約スタート 

    熱海市では、1月27日から65歳以上の一般高齢者を対象とした新型コロナワクチンの3回目接種の予約を始…
ページ上部へ戻る