【市政】巨大地震想定し、避難訓練 銀座町では熱海商議所屋上へ

東日本大震災から丸7年を迎えた3月11日、熱海市でも相模トラフの巨大地震を想定した訓練が実施され、避難路を確認した。銀座町では、昨年改修工事を終え、市内15カ所目の避難ビルに指定された熱海商工会議所(標高5m)に銀座町町内会(佐藤秀幸町内会)の人たちや熱海サンビーチで3月定例会を開いていた熱海サンビーチクラブ(光村智弘代表)の会員が次々に避難。同商議所の太田最己事務局長のリードで非常階段のドアを開け、手すりをつたいながららせん階段で高さ10mの屋上に上った。
他の避難ビルでも行われ、市内83自主防災会の会員約1200人が参加した。熱海署、消防本部、消防団も加わり、アドバイスを送るなどして見守った。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
■熱海市の津波 相模トラフで最大規模の地震が発生した場合。熱海市の最大津波高は初島の18m、他の地区で10~14m。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-4

    コロナ対策優先、熱海フォーラム事業凍結 齋藤栄市長が議会で表明 

    熱海市の齋藤栄市長は6月4日、市議会6月定例会で、新型コロナウイルスの感染拡大防止に対応するため、…
  2. 2020-6-3

    【動画】イベント自粛中の熱海梅園でゲンジボタル、ひっそりと幻想的な光のショー 

    例年なら6月上旬は初夏の風物詩「熱海梅園初川清流ほたる鑑賞の夕べ」の真っ只中。多くの観光客や市民が…
  3. 2020-6-3

    特別定額給付金10万円 郵送申請分の振込み開始、初日は495世帯 熱海市

    国が国民1人当たり現金10万円を配る「特別定額給付金」の郵送申請者への給付が6月2日、熱海市でも始…
  4. 2020-6-3

    熱海市街、鮮やかな赤や赤紫に染まる ブーゲンビリアが一斉に満開

    熱海市ではブーゲンビリアが満開を迎え、鮮やかな赤や赤紫(マゼンタ)の花が初夏の街並みを南国ムードに…
ページ上部へ戻る