【スポーツ】熱海市勤労者早朝野球、42年の歴史に幕 出場チーム減少で

 早起き草野球大会として市民に長年親しまれてきた「市長旗争奪戦(公式リーグ戦)」「サッポロビール杯」(熱海市勤労者早朝野球連盟、阿部正光会長)が新年度は開催されず、42年間の歴史に幕を閉じることが分かった。少子高齢化に伴う競技人口の減少やライフスタイルの変化などで出場チームが減り、同連盟が中止を決めた。
同野球大会は市民の健康と親睦などを目的に1976年に8チームでスタート。町内会、ホテル・旅館の従業員などのチームも加わり、83年には25チームまで増えた。最盛時には3ブロックに分けてリーグ戦を行い、優勝を争ったが、95年には10チームを切り、2年前のシーズンから4チームまで減少。対戦する相手がほぼ同じという状況が続いていた。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-11-13

    熱海梅園で「梅」開花、全国で最も早く 一番咲きは白の冬至梅

    熱海市は11月12日、日本一早咲きの梅の名所で知られる熱海梅園で「梅が今シーズン最初の花を…
  2. 2019-11-13

    【お悔やみ】根本三千代さん(熱海市網代)11月10日死去

    根本三千代さん(ねもと・みちよ)11月10日死去、84歳。熱海市網代。通夜14日午後6時。葬儀15…
  3. 2019-11-12

    錦秋の秋、11月16日から「熱海梅園もみじまつり」〜12月8日まで

    「日本一遅い紅葉」で知られる熱海梅園で「もみじまつり」が11月16日に開幕する。園内には380本の…
  4. 2019-11-12

    季節限定、山田屋「熱海おでん」注文殺到 令和バージョンはうどん付きも

    お魚のすり身の店「山田屋」(熱海市咲見町)が、毎年季節限定で販売する「熱海(あつうみ)おで…
ページ上部へ戻る