【社寺】名称は「今宮和田奉十絆會」 /今宮神社厄年奉賛会が設立総会

今宮神社の平成30年度厄年奉賛会の設立総会が3月18日、同神社社務所で開かれ、厄年奉仕者や来賓など50人が出席した。総会では、泉明寺みずほ今宮神社宮司、八代一雄氏子総代長、小松剛正伊豆山巽剛一會(たつみごういちかい)会長、川本数章来宮辰巳會(きのみやたつみかい)会長らが来賓のあいさつ。引き続いて会の名称を「今宮和田奉十絆(ぶじゅう)會」と決め、薄井勇会長ら役員を承認した。女子部の総会も合わせて開いた。
同会会員は、10月19、20日の同神社例大祭で御鳳輦(ごほうれん)を担いで氏子町内を巡行し、福餅とお神酒を振る舞うなどして商売繁盛と家内安全を祈願し、厄よけを祈念する。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
■薄井勇会長の話 会の紋は、中央に今宮和田の絆・団結・繋がり・連携を表現し、決して解ける事のない十からなる強い結びで輪郭を配した。先輩たちが代々受け継いできた御鳳輦の伝統を守り、今宮神社の名前、会名を汚さなぬよう精いっぱい頑張りたい。
※会員が生まれた昭和51、52年当時、今宮神社の氏子町内・和田地区は十町で構成。
■御鳳輦(ごほうれん)大厄の42歳を迎える男子が節分から翌年の節分まで氏神様に仕え、ご奉仕することで厄を逃れる。今宮神社厄年奉賛会として代々引き継がれている。平成30年度は昭和51年4月2日~52年4月1日生まれの第二小の卒業生で構成。

■平成30年度今宮神社厄年奉賛会役員
会長・薄井勇▽副会長・野田達也、金澤正男、佐々木勝▽運営本部長・廣濱光都留▽運営副本部長・小川智之、金澤正男(兼任)▽総務部長・白川伸堅▽進行部長・中山貴博▽財務部長・三宅大介▽渉外部長・下田俊章▽給与部長・渡辺卓也、佐々木勝(兼任)▽広報部長・門松寅吉▽救護車輛部長・土田亮▽設営部長・岩崎竜也▽接待部長・高橋英司▽衣装部長・髙橋誠▽恵比寿部長・齊藤直伸▽大黒部長・大城大樹▽企画部長・吉田誠▽管理部長・原真太郎▽組織部長・幸田一史▽記録部長・山田良輔▽資材部長・西浩二▽参与・川島清忠▽青木正美
■同女子部
女子部長・手塚葉子▽副部長・岩澤美穂、中田久枝▽衣装部・齊藤悠子▽接待部・山本愛▽給与・萩谷貴子▽進行・山田三千代▽会員・小川恵美、鈴木美和、小川美菜子、小松ますみ、古株智子、川人陽子、小島砂織、西上床昌代、細井友子、青木智子


泉明寺みずほ今宮神社宮司


八代一雄氏子総代長


薄井勇今宮和田奉十絆(ぶじゅう)會会長


小松剛正伊豆山巽剛一會会長


川本数章来宮辰巳會会長


廣濱光都留運営本部長


手塚葉子女子部長


今宮和田奉十絆會の紋

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-1-19

    来宮神社に阿波踊り奉納 連結成10周年祝い、参拝客が盛んな拍手

    糸川遊歩道での阿波踊り終了後の1月19日、湘南なぎさ連は熱海市の来宮神社を訪問。本殿で雨宮盛…
  2. 2019-1-19

    あたみ桜咲く糸川遊歩道に「ヤットサー」 湘南なぎさ連が阿波おどり

    「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道で1月19日、南関東を代表する「湘南なぎさ連」(藤…
  3. 2019-1-18

    第二小4学年(学級数1)を学年閉鎖 児童5人がインフルエンザ感染

    熱海市は1月19日、第二小2学年(学級数1)でインフルエンザに感染したとみられる患者が多数発生し、学…
  4. 2019-1-18

    尾崎紅葉の功績に感謝、文豪の筆塚に玉串捧げる 昭和28年から続く伝統行事

    名作「金色夜叉」の作者として知られる明治の文豪尾崎紅葉を偲(しの)ぶ「尾崎紅葉筆塚祭」(筆塚…
ページ上部へ戻る