【編集室】桜とは違った春の趣 青紫のスミレ、白い鈴蘭水仙/姫の沢公園

熱海市の姫の沢公園で春を彩るスミレ、スイセンなどの可憐な花たちが見頃を迎え、訪れた人たちの目を楽しませている。足元に自生する青紫の可憐な花はスミレ。道端でふと見かけると、子供のころに里山でスミレの花を摘んで遊んだことを思い出し、心が和む…そんな感じ。日本中、どこでも見かけるこの花には豪華な桜と違った春の趣がある。
白い花は「鈴蘭水仙(スノーフレーク)」。スズランのように30〜40センチの花茎に釣り鐘状の花を4〜8個下向きに咲かせ、花弁の先端には緑の斑点がある。例年は4月初旬に見頃を迎えるが、梅や桜同様に2週間ほど早いペースという。公園入り口の大島桜も見頃に入り、春爛漫-。
(熱海ネット新聞・松本洋二)



大島桜


スイセン

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-22

    ダイヤモンド・プリンセスの乗客に熱海市の夫妻も 下船許可に安堵

    横浜港・大黒ふ頭に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で2月21日、新型コロナウイルスの…
  2. 2020-2-21

    静岡県立高校の入学願書締め切り 熱海は0.94倍 で定員割れ

    静岡県内の公立高校の入学願書の受け付けが締め切られ、県教育委員会は2月20日、志願倍率を発表した。…
  3. 2020-2-21

    新型肺炎感染に配慮 藤曲敬宏県議「県議会傍聴バスツアー」取りやめ

    新型コロナウイルスによる肺炎拡大で、熱海市選出の藤曲敬宏県議の後援会「藤曲たかひろ事務所」は、3月…
  4. 2020-2-20

    「大漁桜」が満開 漁師まちがサクラダイ色 網代・阿治古神社

    熱海市網代の阿治古神社で大漁桜(タイリョウザクラ)が満開を迎えた。多賀中で校長を務めた故角田春彦さ…
ページ上部へ戻る