【編集室】桜とは違った春の趣 青紫のスミレ、白い鈴蘭水仙/姫の沢公園

熱海市の姫の沢公園で春を彩るスミレ、スイセンなどの可憐な花たちが見頃を迎え、訪れた人たちの目を楽しませている。足元に自生する青紫の可憐な花はスミレ。道端でふと見かけると、子供のころに里山でスミレの花を摘んで遊んだことを思い出し、心が和む…そんな感じ。日本中、どこでも見かけるこの花には豪華な桜と違った春の趣がある。
白い花は「鈴蘭水仙(スノーフレーク)」。スズランのように30〜40センチの花茎に釣り鐘状の花を4〜8個下向きに咲かせ、花弁の先端には緑の斑点がある。例年は4月初旬に見頃を迎えるが、梅や桜同様に2週間ほど早いペースという。公園入り口の大島桜も見頃に入り、春爛漫-。
(熱海ネット新聞・松本洋二)



大島桜


スイセン

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-4-9

    熱海の良質な上水道に感謝、安定供給願う 明水神社例大祭 熱海管工事工業協同組合

    熱海管工事工業協同組合は4月9日、市内西山町の「明水神社」で春季例大祭を斎行した。来宮神社…
  2. 2020-4-9

    熱海芸妓、熱海市にマスク寄贈 子どもたちに手作り200枚 コロナ感染予防

    子どもたちの新型コロナウイルスへの感染予防に役立ててほしいと、熱海芸妓置屋連合組合は4月8…
  3. 2020-4-9

    新型コロナ 熱海商議所、12日と19日に「事前予約制」で特別相談窓口 

    新型コロナウイルスの感染拡大で深刻な影響が出ている熱海市内の事業所を支援するため、熱海商工会議所は…
  4. 2020-4-9

    5月18日の熱海海上花火大会も中止 今季開幕から3大会連続

    新型コロナウイルスの感染拡大を受け、熱海市ホテル旅館協同組合連合会は4月8日、5月9日(日)に実施…
ページ上部へ戻る