【イベント】熱海銀座にゴスペル響く、過去最大級55ブース/あたみマルシェ


熱海銀座通り商店街で3月25日、第29回「海辺のあたみマルシェ」(実行委員会主催)が開かれた。昨年は渚親水公園イベント広場を中心に開催してきたが、約半年ぶりに熱海銀座通りでの開催。予定していた40枠に60以上の出店希望があり、キャパシティーいっぱいの55ブースが並んだ。
熱海市周辺の地域を拠点に創作活動を行っている作家の作品や雑貨小物、アクセサリー。地域の農家が生産した野菜やパン類、和菓子などのほか、スペイン料理やフレンチ菓子、カフェ、熱海銀座通りの干物店の干物を焼いて食べるテーブルを設け、熱海らしさも演出した。
歩行者天国となった会場では、 熱海市のゴスペルグループ「SoulWings(ソウルウイングス)」ののステージやミニ四駆の体験・ワークショップもあり、過去最大級のにぎわいを見せた。
(熱海ネット新聞・松本洋二)









関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-5

    自民県議連、起雲閣で熱海・伊東の経済団体と意見交換 県への要望聴取

    静岡県議会の最大会派「自民党改革会議」の観光産業振興議員連盟(宮沢正美会長)は6月4日、熱…
  2. 2020-6-4

    コロナ対策優先、熱海フォーラム事業凍結 齋藤栄市長が議会で表明 

    熱海市の齋藤栄市長は6月4日、市議会6月定例会で、新型コロナウイルスの感染拡大防止に対応するため、…
  3. 2020-6-3

    【動画】イベント自粛中の熱海梅園でゲンジボタル、ひっそりと幻想的な光のショー 

    例年なら6月上旬は初夏の風物詩「熱海梅園初川清流ほたる鑑賞の夕べ」の真っ只中。多くの観光客や市民が…
  4. 2020-6-3

    特別定額給付金10万円 郵送申請分の振込み開始、初日は495世帯 熱海市

    国が国民1人当たり現金10万円を配る「特別定額給付金」の郵送申請者への給付が6月2日、熱海市でも始…
ページ上部へ戻る