【ゴルフ】ヤマハレディースを前に復調宣言!渡邉彩香、66猛チャージで3位

女子ゴルフの今季第4戦アクサ・レディス最終日(3月25日、宮崎・UMKCC=6505ヤード、パー72)で、渡邉彩香(22)=大東建託=が6バーディー、ノーミスの66をマーク。通産9アンダーの3位に入った。フェービー・ヤオ(台湾)が通算12アンダーで並んだ比嘉真美子とのプレーオフを制し、優勝した。
渡邉彩香は、通算3勝を挙げているものの、2016、17年の2シーズンは未勝利に終わったが、ようやく復調。今週は、2015年に優勝したヤマハレディースオープン葛城(静岡県袋井市)。「オフにスイングを再チェックし、体の動きも完ぺきといえるぐらいになった」とV宣言!
(熱海ネット新聞)

今大会、宮崎のファンが驚いたのは、やはり1Wのティーショットだろう。3日間の平均では、261.333ヤードの4位。しかし、第1日の8番では277.0ヤードをマークするなど、飛距離も右肩上がりになってきた。「まだ、ちょっと精度が定まらないところはあるけど、たとえラフへ行っても、上向き調子のアイアンショットでカバーできる。おかげで、流れが途切れない。きょうは、ノーボギーでプレーできたこともうれしい」と言葉が弾む。

LPGAツアー初優勝は、今大会だった。以来、通算3勝をあげたものの、2016、17年の2シーズン、勝利から遠ざかっている。「オフにスイングを再チェック。体の動きも完ぺきといえるぐらいになった。練習ではできることを、試合でプレッシャーがかかった場面で、実行できれば、もっと自信がつく。次週は、地元で勝ったことがある大事な試合です」と自らへ言い聞かせるように話した。さくらが満開。渡邉にも、春が来た。
文と写真=LPGA(日本女子プロゴルフ協会)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-2-24

    早見優さんゆかりの河津桜が満開/熱海市咲見町・医王寺 

    熱海市街のあたみ桜が見頃過ぎに入り、後を追うように熱海市でも河津桜が見頃を迎えた。市内咲見町…
  2. 2019-2-24

    富士山の日、「熱海梅園・早春ウォーク」/熱海まち歩きガイドの会

    民間観光ボランティア「熱海まち歩きガイドの会」(疋田和歌子代表)は2月23日、熱海梅園で「富…
  3. 2019-2-24

    【お悔やみ】山田静夫さん(熱海市和田町)2月22日死去

    山田静夫さん(やまだ・しずお)2月22日死去、87歳。熱海市和田町。通夜25日午後6時。告別式26日…
  4. 2019-2-24

    【お悔やみ】宇田利孝さん(熱海市清水町)2月22日死去

    宇田利孝さん(うだ・としたか)2月22日死去、80歳。熱海市清水町。通夜24日午後6時。告別式25日…
ページ上部へ戻る