【ゴルフ】ヤマハレディースを前に復調宣言!渡邉彩香、66猛チャージで3位

女子ゴルフの今季第4戦アクサ・レディス最終日(3月25日、宮崎・UMKCC=6505ヤード、パー72)で、渡邉彩香(22)=大東建託=が6バーディー、ノーミスの66をマーク。通産9アンダーの3位に入った。フェービー・ヤオ(台湾)が通算12アンダーで並んだ比嘉真美子とのプレーオフを制し、優勝した。
渡邉彩香は、通算3勝を挙げているものの、2016、17年の2シーズンは未勝利に終わったが、ようやく復調。今週は、2015年に優勝したヤマハレディースオープン葛城(静岡県袋井市)。「オフにスイングを再チェックし、体の動きも完ぺきといえるぐらいになった」とV宣言!
(熱海ネット新聞)

今大会、宮崎のファンが驚いたのは、やはり1Wのティーショットだろう。3日間の平均では、261.333ヤードの4位。しかし、第1日の8番では277.0ヤードをマークするなど、飛距離も右肩上がりになってきた。「まだ、ちょっと精度が定まらないところはあるけど、たとえラフへ行っても、上向き調子のアイアンショットでカバーできる。おかげで、流れが途切れない。きょうは、ノーボギーでプレーできたこともうれしい」と言葉が弾む。

LPGAツアー初優勝は、今大会だった。以来、通算3勝をあげたものの、2016、17年の2シーズン、勝利から遠ざかっている。「オフにスイングを再チェック。体の動きも完ぺきといえるぐらいになった。練習ではできることを、試合でプレッシャーがかかった場面で、実行できれば、もっと自信がつく。次週は、地元で勝ったことがある大事な試合です」と自らへ言い聞かせるように話した。さくらが満開。渡邉にも、春が来た。
文と写真=LPGA(日本女子プロゴルフ協会)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-11

    御神女の小川寧子さん、伝統の「神女神楽」を披露 来宮神社例大祭で奉納

    来宮神社例大祭で「神女神楽(みこかぐら)」を奉納する小川寧子(おがわ・ねね)さん(第一小1年)が7…
  2. 2020-7-10

    来宮神社例大祭 「浦安の舞」公開稽古 コロナ予防で歴代初のデュオ奉納

    熱海市の来宮神社(雨宮盛克宮司)例大祭(7月14-16日)で「浦安の舞」を奉納する舞姫2人が7月1…
  3. 2020-7-10

    東急不動産、熱海港観光のホテル建設計画取り下げ コロナで先行き見通せず

    東急不動産(東京都渋谷区)が熱海港観光施設(現海釣り施設駐車場)の市有地を借り受けて会員制ホテルを…
  4. 2020-7-8

    休業要請外の売上減事業者 一律10万円給付 申請受付7月17日まで

    新型コロナウイルスのために収入が減った事業者のうち、休業協力金の対象から外れた事業者に熱海市が独自…
ページ上部へ戻る