【観光】殿様気分でお花見! 5月上旬の暖かさで桜が満開/熱海城



「桜まつり」開催中の熱海城で3月29日、桜(ソメイヨシノ)が満開になった。例年より、1週間ほど早い。お城と周辺には208本の桜が植えられており、城の岬庭園(全面芝生)では夜桜見物・桜宴会用のテーブルと照明が設置されている。まつり期間中は、焼鳥・焼そば・ビール・唐揚げ・日本酒・甘酒・豚汁などの各種飲食出店が並び、殿様気分でお花見を楽しむことができる。この日の熱海市内は気温が今年最高の23・3度まで上昇。5月上旬の暖かさとなり、桜の開花が一気に加速。多くの観光客が、汗ばむ陽気の中、記念撮影をしたりして、お花見を楽しんだ。
■夜宴会OK!日没から午後9時ライトアップ
360度パノラマが楽しめる天守閣展望台からは、熱海市街ばかりでなく、湯河原、真鶴半島、初島、伊豆大島、網代、伊東方面の伊豆半島も一望できる。同まつりは4月8日まで。日没から午後9時ライトアップされ、夜桜も楽しめる。問い合わせは☎0557-81-6206(熱海城)へ。
(熱海ネット新聞)
■熱海城 熱海市の錦ヶ浦山頂(海抜100m)に1959年に建てられた観光施設。歴史的に実在したものではない。1962年公開の映画「キングコング対ゴジラ」や1967年公開の「大巨獣ガッパ」で登場。熱海のランドマーク。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-4-18

    「まん延」で首都圏の日帰り客激減 宿泊客がゆったり花火見物

    今年度最初の熱海海上花火大会が4月17日、熱海湾で開催された。前線の影響で小雨が降り続く中…
  2. 2021-4-17

    「初島ところ天祭り」2年連続で中止 首都圏のコロナ感染再拡大で

    熱海市の初島区事業共同組合は、第46回「初島ところ天祭り」の中止を決めた。同組合は例年5月…
  3. 2021-4-16

    色鮮やかなツツジ、今年も晩春パノラマ MOA美術館「水晶殿」

    熱海市のMOA美術館のエスカレーター入口近くの展望台「水晶殿」でツツジが見ごろを迎えた。台…
  4. 2021-4-16

    ツツジ、姫の沢公園の山肌赤く染める 例年より2週間早く見ごろに

    熱海市の姫の沢公園で約6万株の赤やピンクのツツジが見ごろを迎えた。例年より2週間ほど早い。…
ページ上部へ戻る