【熱海の花】桜のトンネルが満開、「さくら通り」/西熱海分譲地



熱海市を代表する別荘地、西熱海分譲地(総区画数490、総棟数278)の「さくら通り」の桜並木が満開を迎えた。道路の両脇に植えられた130本ほどのソメイヨシノがトンネルのように続き、「トンネル桜」の名で親しまれている。「さくら通り」はおよそ200メートルと300メートルの通りがTの字に交差しており、東京五輪が開催された1964年(昭和39年)頃に植栽された。
来宮駅まで車で約5分と市街地へのアクセスがよく、西熱海ゴルフコース、熱海梅園が近いことから永住帯数も110ほどある。区画によっては相模湾・大島・初島・熱海市街が見渡せる。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
■彩苑(さいえん、杉本苑子さんの旧宅)
昨年5月に亡くなった熱海市名誉市民で歴史作家の杉本苑子さんの旧宅。昭和52年(1977年)に西熱海別荘地に執筆用に別荘を建て、昭和55年から居住した。平成7年(1995年)に近くに新居を建て、熱海市は杉本さんの旧宅を「彩苑」として一般公開。新居も「杉本苑子文学館」にする準備を進めている。
写真=3月30日撮影


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-2

    夏開業予定の「熱海プリンスホテル」、秋以降に延期 新型コロナ影響で

    西武グループのプリンスホテル(本社・東京都豊島区)は、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、…
  2. 2020-6-2

    熱海市独自の経済支援策第2弾 市民と別荘所有者向けに「特別宿泊プラン」

    熱海市は、新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急経済対策の第2弾として「市民向け宿泊プラン」を実施す…
  3. 2020-6-1

    コロナで閉鎖の市営駐車場が再開 熱海サンビーチ、自家用車で行楽客続々 

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除されて最初の日曜日となった5月31日…
  4. 2020-5-31

    熱海市の一斉清掃始まる 先陣切って西山町内会、三密避け各組が分散開催

    熱海市では毎年6月の第1日曜日を中心に、梅雨時期の衛生向上と夏の観光シーズンに備えて各町内…
ページ上部へ戻る