【市政】土屋千秋消防長「退任式」、後任の稲田達樹氏へバトン/熱海市

熱海市は3月30日、31日付で退職する職員の辞令交付と退任式を市役所で行った。定年退職を迎えたのは、土屋千秋消防長、杉山勝経営企画部長ら7人。三田光行教育長は任期満了での退任。齊藤栄市長が辞令を手渡し、長年の労をねぎらった。
消防本部は、市役所屋上で退任式を行い、長津義守消防総務課長が退任する土屋消防長、山本和芳通信指令室専門監、西島廣之熱海消防署泉分遣所長になはむけの言葉を述べ、若手職員が記念品や花束を贈り、労をねぎらった。記念写真を撮影したあと、職員たちは2列に並んで花道を作り、見送った。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
■土屋千秋消防長 熱海市消防職員として奉職以来、火災をはじめ幾多の災害に立ち向かい、市民や観光客の安心安全に努めてきた。自分なりに達成感を感じている。世代交代で稲田達樹消防長を中心とする新体制となり、若手職員が大きく飛躍し、無限の力を発揮する時が来た。いま求められている大きな課題は、人材育成の軸となる管理・監督者のリーダーシップ、そして若い力のさらなる成長。消防職員としての強い自覚と使命感、高い誇りを持ち、一丸となって市民の付託にこたえてほしい。


稲田達樹新消防長

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-5-30

    姫の沢公園の駐車場 県内客念頭に再開 アスレチック広場に多くの家族連れ

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除されて最初の週末を迎えた5月30日、…
  2. 2020-5-30

    経済損出額191億円 3〜5月の熱海宿泊客数、前年比3分の1以下

    熱海市は5月29日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、3月から5月の宿泊客数が去年の同じ時期の3…
  3. 2020-5-29

    「青紫」の花びら、熱海に初夏告げる 「ジャカランダ」続々開花 

    熱海市に初夏を告げる世界三大花木の一つ「ジャカランダ」が、熱海サンビーチと国道135号線に挟まれた…
  4. 2020-5-29

    歌手生活60年、橋幸夫さんが熱海警察署「一日署長」 安全の架け「橋」

    今年7月で歌手生活60年を迎える橋幸夫さん(77)が5月29日、熱海警察署の一日署長を務め…
ページ上部へ戻る