【熱海の花】下多賀の超隠れた名所、枝垂れ桜満開/中野かじかわ公園



息をのむ美しさ、絶景―。熱海市下多賀の梶川上流にある「中野かじかわ公園」で、枝垂れ桜が満開を迎えた。多賀湾と網代湾を見下ろす高台に60本の植えられ、新緑を背景にピンクの花をひと際きれいに咲かせている。近年、「伊豆下多賀の山奥に、枝垂れ桜がすごくきれいな所がある」とSNSで評判になり、「隠れた花見スポット」に。例年より2週間ほど早く最高の見ごろとなったが、首都圏からも花見客が訪れている。
周囲には黄色の菜の花ヤマブキも植えられ、ピンクの枝垂れ桜をいっそう引き立たせている。公園は地元・中野地区のボランティア団「カレン会」が中心となって管理している。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
写真=3月31日撮影





 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-19

    アイドル梅「思いのまま」、乱雪など遅咲き梅が主役に 熱海梅園

    梅まつり開催中の熱海梅園では、思いのまま、乱雪、白獅子、東錦、緑顎(りょくがく)枝垂れなどの遅咲き…
  2. 2020-2-19

    川勝知事、新型コロナウイルスを警戒 24時間体制で電話相談窓口

    新型コロナウイルスの感染拡大を受け、川勝平太静岡知事は2月18日、急きょ会見を開き、新型コロナウイ…
  3. 2020-2-19

    【お悔やみ】三谷つるさん(熱海市青葉町)2月16日死去

    三谷つるさん(みたに・つる)2月16日死去、89歳。熱海市青葉町。通夜20日午後6時。葬儀21日午…
  4. 2020-2-18

    大寒桜、大島桜、寒緋桜…あたみ桜に代わってが一斉に見頃

    東海地方で2月16日夜、春一番が吹いた影響で17日は暖かい南寄りの風で4月上旬の暖かさとな…
ページ上部へ戻る