【社寺】工事着工から100年 丹那トンネル、工事犠牲者を慰霊/丹那神社

丹那神社奉賛会(田島秀雄会長、川瀬康敬事務局長)は4月1日、熱海市福道町の同神社で平成30年度の例祭を開き、東海道線丹那トンネルの工事(1918年3月~34年12月)で犠牲になった67人の霊を慰めた。来宮神社の雨宮盛克宮司が神事を執り行い、祝詞奏上などに続き、田島会長、久間章生元防衛長官(大臣)、齊藤栄市長、藤曲敬宏県議、竹部隆市議会副議長、奥田交治熱海署長、宮原智子JR東日本熱海駅長、宇田川秀明JR東海熱海駅長、尾崎匡伊豆箱根鉄道社長らが玉串を捧げた。工事着工から100年目の今年は約50人が参列した。
終了後、神社近くの慰霊碑前で参列者の代表が、熱海発展の基礎を作った同トンネルへの感謝と難工事を次世代に引き継ぐ決意を述べた。
地元の「大楠連」(待井裕晃代表)が神社周辺と梅園市道を2基の神輿で練った後、熱海駅前でも神輿渡御を行い、「熱海笛怜会」(西川正和会長)がお囃子で盛り上げた。会場では近隣の10町内会、子供会による焼きそば、綿菓子、甘酒、お汁粉、菓子などの無料配布もあり、大勢の参拝者で賑わった。
■工事着工から100年、熱海は飛躍的に発展
昭和9年(1934年)に丹那トンネルが開通するまで東海道本線は、現在の御殿場線を経由していた。同トンネルの開通で東海道本線のルートは「熱海―函南」経由となり、熱海は飛躍的に発展。完成には16年の歳月(1918年3月~34年12月)を費やした。開通時の延長は7804m。例祭は大崩落事故にちなみ、毎年4月の第1日曜日に斎行している。当初、国鉄関係者によって例祭が執り行われていたが、民営化の影響で中断。23年前から地域住民で作る奉賛会のもとで挙行されている。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
■大崩壊事故 1921年(大正10)年4月1日、丹那トンネルの東口工事現場で起工以来最初の大崩壊事故が発生。坑口から300m(現在の熱海梅園内「香林亭」あたりの直下)の地点で長さ約70mにわたって崩壊。作業中の33名が生き埋めになり、8日後に奇跡的に救出された17名を除く16名の命が奪われた。1924年(大正13)年の湧水事故や1930(昭和5)年の北伊豆地震による崩壊事故、その他の事故の犠牲者も含め、計67名が工事中に殉職。


田島秀雄丹那神社奉賛会会長


久間章生元防衛長官(大臣)


右から齊藤栄市長、藤曲敬宏県議、奥田交治熱海署長、竹部隆市議会副議長


右から山田治雄、稲村千尋、杉山利勝、金森和道市議


左から川瀬康敬奉賛会事務局長、森田金清同役員





大楠連



熱海熱海怜会




近隣の10町内会と子供会

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新イベント情報

離れの宿…ほのか 離れの宿…ほのか
渡辺耳鼻咽喉科

ピックアップ記事

  1. 2019-3-22

    芸妓見番前の「枝垂れ桜」も満開 芸妓衆往き交う熱海の名所

    初川を挟んで熱海芸妓見番歌舞練場の対岸に植えられた2本の枝垂れ桜が3月22日、満開を迎え、観光客の目…
  2. 2019-3-22

    今年最高の21・3度 大湯間欠泉前のソメイヨシノ、一気に満開

    東京都心をはじめ、全国で桜(ソメイヨシノ)の開花が発表される中、熱海市上宿町の大湯間欠泉前、…
  3. 2019-3-22

    熱海まち歩きガイドの会、10周年祝賀会 足跡と思い出つづり記念誌制作

    熱海市の観光地ボランティア団体「熱海まち歩きガイドの会」(疋田和歌子会長)は3月20日、銀座…
  4. 2019-3-21

    壮観、川口健後援会が総決起大会 南熱海の向こう三軒両隣、総出で応援

    熱海市議選に立候補を表明している現職・川口健氏(51、自民)の後援会は3月20日夜、…
ページ上部へ戻る