【市政】 難関くぐり抜けた新規採用職員22人、研修スタート/熱海市

新年度のスタートに合わせ熱海市で4月2日、人事異動した職員や新たに採用された職員に辞令が交付された。新規採用者の辞令交付に先立ち、齊藤栄市長、新村茂昭教育長、稲田達樹消防長から新たな部署に配属される部長級職員と主幹級以上の昇進者の16人に、辞令が交付された。
新規採用職員の研修も市役所で始まり、22人(一般事務9、土木技術2、建築技術1、保健士3、保育士1、教諭3、消防3)が出席。齊藤栄市長が熱海の発展の歴史、市民のための市役所づくり、住まうまち熱海づくり、観光プロモーションなどについて1時間にわたって講話した。
「難関をくぐる抜け、熱海市役所にきょう晴れて登庁し、市役所の一因になってもえらたことを心からお喜び申し上げます」と切り出した市長は「世の中にあまたある仕事の中で公務員の仕事はやりがいのあり、面白い仕事。一生をかけて取り組みたいテーマを見つけて、市民によりよいサービスを届けてほしい」と話した。
6日には伊東市役所で同市の新規採用職員15人と合同の研修を行う。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-12-1

    萌える紅葉 熱海の紅葉狩り名所、MOA美術館「茶の庭」

    (さらに…)…
  2. 2021-12-1

    熱海梅園で「紅梅」八重寒紅が開花、上皇陛下への献上梅出そろう

    紅葉のピークを迎えている熱海梅園で11月30日、紅梅の八重寒紅(やえかんこう)が開花した。白梅の冬至…
  3. 2021-12-1

    来年3月の東伊豆町長選 元参院議員岩井茂樹氏氏が立候補表明

    6月の静岡県知事選に出馬して敗れた元参院議員の岩井茂樹氏(53)が11月30日、東伊豆町町内で会見し…
  4. 2021-11-30

    義援金 支援金の総額18億5000万円に 熱海土石流

    今年7月3日に発生した熱海市伊豆山の大規模土石流で、市は11月30日、同日現在で全国から寄せられた義…
ページ上部へ戻る