【編集室】伊豆山神社の本宮社(ほんぐうしゃ) 神秘的な白い桜が鎮守


伊豆山大権現とも走り湯大権現とも呼ばれていた伊豆山神社の本宮社(ほんぐうしゃ)で、桜が満開を迎え、参拝者をやさしくもてなしている。海抜380メートルのここの桜は花が大きく、真っ白で葉が一緒に出るヤマザクラ。朱色の拝殿を鎮守するように咲き、神秘的な雰囲気を醸し出している。
■836年(承和3年)までここに伊豆山神社
伊豆山神社は、仁徳天皇の時代(313年~399年)に松葉仙人がご神体として神鏡を日金山(ひがねさん)に祀(まつ)ったのが始まりとされ、のちにこの地に移され、祀られた。さらに836年(承和3年)に今の伊豆山神社の社を建造し、現在地に遷座された。残った二番目の社がこの「本宮社」で、広さ東西5間(約9メートル)、南北三間半(約6メートル)の拝殿、鳥居3カ所、付近に求聞持堂、東西3間南北2間の建物等等があったという。しかし、江戸時代後期の野火により焼失し、現在は石鳥居1基、拝殿一棟が残っている。
■「本宮社」まで行ってこそが本当の参拝
伊豆山神社から50分ほど山道を登り、この「本宮社」まで行ってこそが本当の参拝といわれ、参拝路には、病気平癒・厄難消除の「白山神社」、訪れたふたりは必ず結ばれるという「結明神本社」もある。伊豆山神社例大祭(4月14日~16日)が近づき、参拝者が増えている。
近くの県営七尾団地でも桜が満開、春爛漫-。
(熱海ネット新聞・松本洋二)





県営七尾団地

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-3

    【動画】イベント自粛中の熱海梅園でゲンジボタル、ひっそりと幻想的な光のショー 

    例年なら6月上旬は初夏の風物詩「熱海梅園初川清流ほたる鑑賞の夕べ」の真っ只中。多くの観光客や市民が…
  2. 2020-6-3

    特別定額給付金10万円 郵送申請分の振込み開始、初日は495世帯 熱海市

    国が国民1人当たり現金10万円を配る「特別定額給付金」の郵送申請者への給付が6月2日、熱海市でも始…
  3. 2020-6-3

    熱海市街、鮮やかな赤や赤紫に染まる ブーゲンビリアが一斉に満開

    熱海市ではブーゲンビリアが満開を迎え、鮮やかな赤や赤紫(マゼンタ)の花が初夏の街並みを南国ムードに…
  4. 2020-6-3

    熱海市の高齢化率(65歳以上人口)47・8%、静岡県の市で抜けてトップ

    静岡県は、2020年4月1日現在の総人口に対する65歳以上(高齢化率)と75歳以上(後期高齢率)を…
ページ上部へ戻る