【社寺】熱海の良質な上水道に感謝、安定供給願う/明水神社例大祭




水の神様で知られる熱海市西山町の「明水神社」で4月10日、熱海管工事工業協同組合(櫻井清生理事長)が主催する春季例大祭が開かれた。
熱海市の良質な水質を誇る水源に感謝し、安全な水の安定供給を祈願するもので、森本要副市長、川口健市議会議長、竹部隆西山町内会長(副議長)、大舘節生熱海建設協会会長、中田義則市公営企業部長など40人が参列。来宮神社の雨宮盛克宮司が神事を執り行い、この1年、水道が市民や観光客に安定供給できたことに感謝し、新たな1年のご加護を願った。
■明治42年に給水開始、全国で17番目の早さ
同神社は、現在の第一小学校の土地に西山上浄水場があった頃、京都府宮津市の籠(この)神社からご神体を分けてもらい、1938年(昭和13年)に祀(まつ)られた。その後1955年(昭和30年)に約500メートル山側の現在の地へ社殿を移し、熱海市の水道の守り神になっている。東京の奥座敷だった熱海の上水道は1909年(明治42年)に給水を開始。全国市町で17番目の早さだった。
櫻井理事長と同組合のメンバーは今年3月、京都の籠(この)神社を参拝し、水の安定供給を祈念してきた。
(熱海ネット新・松本洋二)
参列者 森本要副市長、川口健市議会議長、竹部隆同副議長、田中秀宝、稲村千尋、杉山利勝、越村修、金森和道、小森高正(以上市議=観光福祉公営企業委員会)、中村浩正下松田町内会長、小松正一笹良ケ台町内会長、大舘節生熱海建設協会会長、中田義則市公営企業部長、櫻井清生熱海管工事工業協同組合理事長など。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-5-31

    熱海市の一斉清掃始まる 先陣切って西山町内会、三密避け各組が分散開催

    熱海市では毎年6月の第1日曜日を中心に、梅雨時期の衛生向上と夏の観光シーズンに備えて各町内…
  2. 2020-5-30

    姫の沢公園の駐車場 県内客念頭に再開 アスレチック広場に多くの家族連れ

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除されて最初の週末を迎えた5月30日、…
  3. 2020-5-30

    経済損出額191億円 3〜5月の熱海宿泊客数、前年比3分の1以下

    熱海市は5月29日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、3月から5月の宿泊客数が去年の同じ時期の3…
  4. 2020-5-29

    「青紫」の花びら、熱海に初夏告げる 「ジャカランダ」続々開花 

    熱海市に初夏を告げる世界三大花木の一つ「ジャカランダ」が、熱海サンビーチと国道135号線に挟まれた…
ページ上部へ戻る