【経済】アワビの安定供給へ稚貝放流  5年後には食卓に/大熱海漁協

熱海の魚業資源を守っていこうと大熱海漁協(遠藤哲也組合長)は熱海港、伊豆山、横磯、上多賀、下多賀の5カ所にアワビの稚貝2万3000個を放流した。稚貝は体長3センチほどのクロアワビとメガイアワビ。熱海港では、大熱海漁協の組合員が漁船で錦ケ浦に移動。水深2~3メートルの岩場にアワビの稚貝がびっしりと付いた縦25センチ、横20センチのコンクリート製の板を、何度も潜って魚に食べられないように岩場のすき間などに置いた。3~4年で採取が可能な11センチほどに育つという。
いとう漁協網代支所もクロアワビ6500個、初島漁協でもクロアワビ8900個を放流した。3~4年で採取が可能な11センチ、5年後には5倍ほどの大きさに育ち、熱海を訪れる観光客や市民の食卓に並ぶ。稚貝は県漁協連合会温水利用研究センター沼津分場から購入した。放流は4月10日と11日に実施した。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-9-26

    熱海土石流、捜索現場で土砂撤去作業中の男性死亡 藍染橋下に重機ごと転落

    9月25日午後4時ごろ、7月に土石流が発生した熱海市伊豆山の国道135号「逢初(あいぞめ)橋」の直…
  2. 2021-9-25

    熱海土石流、10月10日に伊豆山小体育館で追悼式 一般献花も

    熱海市は9月24日、伊豆山地区の大規模土石流発生から100日目となる10月10日午前10時から被災…
  3. 2021-9-25

    今宮神社例大祭、2年連続で神事だけ 神輿渡御・神輿パレードは中止 

    熱海市の今宮神社例大祭(10月19日、20日)の実行委員会(島田善一委員長)は9月24日、新型コロ…
  4. 2021-9-25

    【お悔やみ】中澤孝一さん(熱海市下多賀)9月23日死去

    中澤孝一さん(なかざわ・こういち)9月23日死去、83歳。熱海市下多賀562。通夜26日午後6時。…
ページ上部へ戻る