【編集室】絶滅危惧種のクマガイソウが見ごろ、春の一般公開/植物研究園


熱海市相の原町の新技術開発財団・植物研究園(猪狩直人園長)で4月17日、「春の一般公開」が始まった。愛好家の採取などによって絶滅のおそれがあるクマガイソウが見ごろを迎え、首都圏などからも観賞に訪れた。ラン科の多年草で、花の袋状の唇弁を平家物語に登場する熊谷次郎直実の母衣(ほろ=矢を防ぐ武具)に見立てて名付けられた。山野草ブームで自生のものは激減し、環境庁は絶滅危惧2類(絶滅の危機が増大している種)に指定している。
絶滅が心配されているヤマシャクヤクや伊豆固有種のアマギシャクナゲも見ごろで、春に紅葉する珍しいノムラカエデカエデが彩りを添えている。
■通常は植物研究に関わる研究者専用
同研究園は、リコー三愛グループ創始者の故市村清・ユキエ夫妻の別荘「清恵荘」を改修して1991年(平成3年)に開園。通常は大学などの研究拠点のため非公開だが、新緑と花の咲き誇る春と紅葉が美しい秋の2回、一般に無料で公開している。
■園内には、400種以上の希少な草花
標高277~310メートル、約1万2270平方メートルの園内には渓流が流れ、400種以上の樹木や草花、苔類等が植物生態系を構成。眼下の相模湾には初島、伊豆大島が望め、周囲を山や木々に囲まれている。庭園は樹木やせせらぎを自然のまま活かし、池や庭石などを巧みに配した日本庭園。春の一般公開は科学技術週間にあわせて26日まで。滅多に目にできない希少な植物ばかりでリピーターが年々増えている。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
■アクセス JR熱海駅「梅園・相の原団地方面」行きのバスで「上相の原」下車。午前9時〜午後3時30分。入場無料。熱海市相の原町11の8。問い合わせは☎0557-81-2656(同園)へ

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2018-12-18

    【お悔やみ】山脇五郎さん(熱海市下多賀)12月15日死去

    山脇五郎さん(やまわき・ごろう)12月15日死去、93歳。熱海市下多賀。出棺19日午前11時、JAホ…
  2. 2018-12-17

    熱海署「110マン」、ご当地ヒーローもパレード/熱海市民安全大会

    年末の交通安全県民運動(12月15~31日)に合わせ12月17日、熱海市は渚町の渚小公園で市…
  3. 2018-12-17

    今年の有終、熱海海上花火大会! 2018年は18回で39万3千人が観賞

    今年のフィナーレを飾る「忘年熱海海上花火大会」が12月16日、熱海湾であり、1万3千人の観衆…
  4. 2018-12-16

    陸前高田応援「タカタ・フェスタ」 あったか熱海でワンデー開催

    東日本大震災の津波被害を受けた岩手県陸前高田市の復興を応援するイベント「タカタ・フェスタ・イ…
ページ上部へ戻る