初夏の味覚に舌鼓、 GWの風物詩 勝又孝明衆院議員もPR/初島ところ天祭り


首都圏に最も近い有人島、熱海市初島で5月1日、初島ところ天祭り(同実行委主催)が始まった。今年で43回目。初島港前特設会場では初島名物のところ天を1杯100円で提供し、ところてんの原料である地元特産のテングサをPR。東京、神奈川などから訪れた観光客らが酢醤油、初島風のみそだれ、黒みつから好みのたれを選んで初夏の味覚を味わった。
会場の一角では、熱海港と同島を結ぶフェリー「イルドバカンス」の到着に合わせて同島で採れた天草を大鍋で煮る実演をし、ざるや布でこしたりしてところてん作りを披露。勝又孝明衆院議員も訪れ、ところてん作りに加わり、行楽客に初島の魅力をアピールした。調理したところてんは翌日に販売される。会場ではサザエつぼ焼きや原料のテングサ、ところてん、黒磯のりなど初島の特産品を販売。島内の民宿に宿泊した人には、ところてん試食券のプレゼントもある。
期間中(5日まで)の来島客数は1万人を見込んでいる。午前10時~午後4時。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
■問い合わせは☎0557-67-1400(初島区事業協同組合)











関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2018-8-15

    ウォーターパークが連日満員 お盆休みで混雑/ 熱海サンビーチ

    お盆休みの8月15日、熱海サンビーチは海水浴を楽しむ家族連れやグループで賑わった。大型海…
  2. 2018-8-15

    お供え物を川に流さないで 送り火専用のゴミ箱を設置/熱海市

    あす8月16日は送り火。お盆は家に迎え入れた先祖の好きな食べ物やお供え物を、盆棚(精霊棚)に…
  3. 2018-8-15

    熱海市街が激しい渋滞 Uターンラッシュ、バブル期以来の混雑

    お盆休みを熱海をはじめ、伊豆半島の東海岸の行楽地や帰省先から戻る車で熱海市内の道路の上りが8月15日…
  4. 2018-8-15

    熱海音頭で盆踊り 観光客と市民が踊りの輪/ 網代温泉「ふる里祭り」

    熱海市網代温泉の夏の風物詩「ふる里祭り・盆踊り」が8月14日始まり、初日はおよそ200…
ページ上部へ戻る