強風でエアテント飛び、参拝客の男性が軽いけが 熱海市内の神社

5月3日午前10時45分ごろ、熱海市西山町の神社の社務所屋上にある休憩スペースに設置されていたエアテント(幅約5メートル、奥行き約10メートル、重さ約50キロのビニール製)が強風で飛ばされ、参拝客の茨城県日立市の男性会社員(32)にぶつかった。男性は弾みで倒れ、地面に頭を打ち軽いけがを負った。固定していた水の入った重りごと飛ばされ約4メートル下の広場に落下した。 静岡地方気象台によると、当時熱海市には強風注意報が出ており、網代では同じころ21・8メートルを観測していた。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-12-11

    国際医療福祉大熱海病院、来年3月末で分娩休止 出産可能機関は安井病院だけに

  2. 2019-12-10

    熱海の新年彩る「まゆ玉」づくり 来宮神社で縁起物の準備始まる

  3. 2019-12-10

    湯川れい子さん訳詞の「ボヘミアン・ラプソディ」、氷川きよしさんが日本語カバー

  4. 2019-12-10

    【お悔やみ】仲森栄さん(熱海市和田町)12月8日死去

ページ上部へ戻る