齊藤栄市長と新規採用職員、市長室で意見交換/ランチミーティング

熱海市は5月7日、齊藤栄市長と今年4月に新規採用された職員が昼食を共にしながら意見交換する「ランチミーティング」を市役所・市長応接室で日開いた。日ごろ市長とコミュニケーションをとる機会がほとんどない新入職員と市長が懇談することで、職員は市長が掲げる「新生熱海」に基づく「日本でナンバー1の温泉観光地づくり」「住まうまち熱海づくり」「市民のための市役所づくり」を、市長は新規採用職員の忌憚(きたん)のない意見を聞いて総合理解を深めるのが狙い。
9回目の今年は、仕事に支障がでる可能性のある消防、教職員等を除いた15人が市長とテーブルを囲み、レストラン宝亭のカツサンドを食べながら日頃感じている疑問や職場への提言などを述べた。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-10-28

    飛龍高3年の武井(熱海中出身)大相撲入り 伊勢ケ浜部屋に入門

    熱海中出身で飛龍高(旧沼津学園)相撲部3年の武井朔太郎くん(18)=熱海市梅花町=が大相撲の伊勢ケ…
  2. 2020-10-28

    熱海市錦ケ浦の海岸に男性の身元不明遺体 自殺、事件、事故の可能性 

    熱海市・錦ケ浦の崖地の数十メートル下の岩場で10月27日、海に浮いている下着姿の男性の遺体が見つか…
  3. 2020-10-27

    コロナと症状同じで混乱 熱海保健所管内でインフル患者 県内で今季初 

    コロナと症状が似ているインフルエンザの流行が予想される中、熱海保健所管内でインフルエンザの患者が確…
  4. 2020-10-27

    旧サンクリノ美術館、コワーキングスペースで復活 県幹部が施設視察

    静岡県は10月26日、新型コロナの影響で広まりつつあるテレワークをしながら休暇を楽しむワー…
ページ上部へ戻る