小田原駅東口の再開発 ホテル&和風商業棟の起工式/万葉倶楽部

全国に日帰り・宿泊温泉施設を展開する万葉倶楽部(本社小田原市、高橋弘会長)が小田原駅東口お城通りの「広域交流施設ゾーン整備事業」用地に計画している再開発ビルの起工式が5月8日、現地で行われた。施主である同社の高橋弘会長をはじめ、高橋理社長、目黒俊男万葉倶楽部ホテルオペレーション社長、五洋建設の神林一隆建築本部副本部長、加藤憲一小田原市長、加藤仁司市議会議長、小田原東口お城通り地区開発準備組合関係者など80人が出席した。
同再開発ビルはホテル棟と和風の商業棟などからなり、約190室を備えたホテル棟には、市立図書館や子育て支援センターなどの公共施設のほか、コンベンション機能も兼ねた複合集客施設となる。2019年度の完成を目指し、2020年6月ごろのオープンを予定している。
(熱海ネット新聞)
■万葉倶楽部 1957年に熱海市でアルプス写真を創業。1960年に写真のDPE事業で日本ジャンボーを設立。1997年からグループ内の旅館・ホテル、温泉施設を統括する万葉倶楽部を設立。2012年に ジャンボーホールディングスと万葉倶楽部が合併、万葉倶楽部株式会社。2017年9月決算の売上高は221億8300万円。経常利益は20億5100万円。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2018-8-15

    ウォーターパークが連日満員 お盆休みで混雑/ 熱海サンビーチ

    お盆休みの8月15日、熱海サンビーチは海水浴を楽しむ家族連れやグループで賑わった。大型海…
  2. 2018-8-15

    お供え物を川に流さないで 送り火専用のゴミ箱を設置/熱海市

    あす8月16日は送り火。お盆は家に迎え入れた先祖の好きな食べ物やお供え物を、盆棚(精霊棚)に…
  3. 2018-8-15

    熱海市街が激しい渋滞 Uターンラッシュ、バブル期以来の混雑

    お盆休みを熱海をはじめ、伊豆半島の東海岸の行楽地や帰省先から戻る車で熱海市内の道路の上りが8月15日…
  4. 2018-8-15

    熱海音頭で盆踊り 観光客と市民が踊りの輪/ 網代温泉「ふる里祭り」

    熱海市網代温泉の夏の風物詩「ふる里祭り・盆踊り」が8月14日始まり、初日はおよそ200…
ページ上部へ戻る