3000発の花火、陸前高田市の復興支援を応援/春季熱海海上花火大会


熱海湾で5月12日夜、春季熱海海上花火大会・第3弾が開催され、約3000発の花火が夜空を飾った。今回は岩手県陸前高田市への応援・音楽イベント「タカタ・フェスタ熱海2018」とコラボして開かれ、シンガー・ソングライター白井貴子さんのスペシャルライブを引き継ぐ形で打ち上げられた。余韻が残る渚親水公園レインボーデッキには、多くの観客がとどまって観賞した。
■花火には厄除け、商売繁盛の願いが
熱海海上花火大会は、昭和27年(1952年)に始まり、今年で66年目。熱海市では昭和24年8月にあったキティー台風による高波で海岸地区約140戸の家屋が流失。翌25年には熱海駅前火災があり、そのわずか10日後には中心街の979戸が焼失する大火に見舞われた。古来より、花火には厄除けの神の力が宿っていると伝えられ、熱海海上花火大会も、熱海温泉の復興と商売繁盛、厄払い慰霊を願って始めた。
■来年以降もコラボ開催を願う両市の市民
今年で6年目を迎えたタカタ・フェスタ熱海は平成23年(2011年)に発生した東日本大震災による津波で大きな被害を受けた岩手県陸前高田市の応援が目的。来年以降もコラボ開催を願う両市の関係者は多い。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
■観衆=1万8000人

■2018年(平成30年)の熱海海上花火大会
春 1/14(日)・2/12(月祝)・4/14(土)・4/22(日)・5/12(土)・5/27(日)・6/3(日)・6/17(日)
 7/27(金)・7/31(火)・8/5(日)・8/8(水)・8/19(日)・8/24(金)・8/30(木)
秋 9/17(月・祝)
冬 12/9(日)・12/16(日)


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-2-15

    姫の沢公園管理棟新設に2億円など総額198億円 熱海市19年度予算案

    熱海市は2月15日、2019年度当初予算案を発表した。姫の沢公園管理棟新築工事に1億4800万円、同…
  2. 2019-2-15

    市内飲食3千円クーポン券、2千円で販売 2月22日から売り出し開始

    熱海市内の飲食3団体は、市内の指定飲食店で利用できる「ナイトクーポン安いらー!!」を2月22日から販…
  3. 2019-2-14

    アイドル梅「思いのまま」見頃、梅まつりMAXステージに/熱海梅園

    梅まつり開催中の熱海梅園で、園全体で5分咲きとなった2月14日、遅咲きの「思いのまま」が見ご…
  4. 2019-2-14

    あたみ桜糸川桜まつり 期間中の人出6万7786人 前年比2万人増

    熱海市観光協会は第9回「あたみ桜糸川桜まつり」(1月12日~2月11日)の人出を発表した…
ページ上部へ戻る