「津波バイオリン」の音響く、陸前高田市の「奇跡の一本松」で製作/タカタフェスタ


東日本大震災の津波で発生した流木で作られた「津波バイオリン」の演奏会が5月13日、熱海市のマリンスパあたみで開かれた。「TAKATA-FESTA(タカタフェスタ)in熱海」(同実行委員会主催)のプログラムの中で行われ、バイオリニストで熱海市職員の真野有奈さんがバッハのG線上のアリア、モンティのチャールダーシュ、葉加瀬太郎の情熱大陸など8曲を弾き、犠牲者の冥福を祈る優しい音色が館内に響いた。市内に住むピアニストの水野久恵さん、ボンゴ・カホン奏者の成瀬紀子さんが演奏に加わり、澄んだ音色を響かせた。
■バイオリンの「魂柱」に津波に耐えた「奇跡の一本松」
震災の記憶を伝えようと、バイオリン作家の中沢宗幸さん(東京都渋谷区)が製作。被災家屋のものとみられる流木を持ち帰り、材料にした。表板と裏板をつなぐバイオリンの心臓部「魂柱」には津波に耐えた岩手県陸前高田市の「奇跡の一本松」の一部が使われている。
国内外の音楽家1000人が「津波バイオリン」を弾き継ぐ「千の音色でつなぐ絆」プロジェクトの一環。5年前に始まり、真野さんが575人目。昨年11月、熱海市立図書館で「津波バイオリン」を知り、実行委員会と相談してこの日の演奏会につなげた。演奏を終えた真野さんは「優しくも深みを感じるこの音色で、少しでも人々を元気にできれば…。プロジェクトが”あの日”を忘れないことにつながってほしい」と語った。
(熱海ネット新聞・松本洋二)


バイオリン製作者中沢宗幸さん


バイオリニストで熱海市職員の真野有奈さん


ピアニストの水野久恵さん


ボンゴ・カホンの成瀬紀子さん


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-1-19

    来宮神社に阿波踊り奉納 連結成10周年祝い、参拝客が盛んな拍手

    糸川遊歩道での阿波踊り終了後の1月19日、湘南なぎさ連は熱海市の来宮神社を訪問。本殿で雨宮盛…
  2. 2019-1-19

    さくら彩る糸川遊歩道に「ヤットサー」 湘南なぎさ連が阿波おどり

    「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道で1月19日、南関東を代表する「湘南なぎさ連」(藤…
  3. 2019-1-18

    第二小4学年(学級数1)を学年閉鎖 児童5人がインフルエンザ感染

    熱海市は1月19日、第二小2学年(学級数1)でインフルエンザに感染したとみられる患者が多数発生し、学…
  4. 2019-1-18

    尾崎紅葉の功績に感謝、文豪の筆塚に玉串捧げる 昭和28年から続く伝統行事

    名作「金色夜叉」の作者として知られる明治の文豪尾崎紅葉を偲(しの)ぶ「尾崎紅葉筆塚祭」(筆塚…
ページ上部へ戻る