熱海市街が南国情緒、赤や赤紫に染まる ブーゲンビリアが一斉に見ごろ 



熱海市街で南米原産のブーゲンビリアが一斉に見ごろを迎え、鮮やかな赤や赤紫(マゼンタ)の花が南国情緒を醸し出している。糸川遊歩道ではブーゲンビリアが川を覆うように彩り、観光客や市民の目を楽しませている。例年より、2週間ほど早い。今の花は6月いっぱい花を咲かせ、9月と11月にも繰り返し咲く。

糸川のブーゲンビリアは、2004年の「熱海花の博覧会」に合わせ、ブーゲンビリア愛好家の市民たちが植栽を始め、一時は1200本まで数を増やし、花の名所となった。しかし、市が遊歩道沿いをあたみ桜に統一する整備を行い、ブーゲンビリアは移植を余儀なくされたり、伐採されたりして現在残っているのは45本。残念がる市民も多いが、おかげであたみ桜とブーゲンビリアの二枚看板で糸川遊歩道は四季を通じて観光客が訪れるようになった。
■挿し木で市内の一般家庭や店舗にも
「熱海ブーゲンビリアの会」(富田榮仁会長=カフェ季の環)は、糸川のブーゲンビリアの手入れをするとともに、挿し木によって市内の愛好家などに配り、今では中央町の「おふくろの味 るい」「富岡酒店」、昭和町の「フジマ電気商会」など百軒を超す一般家庭や店舗で花を咲かせている。上多賀や下多賀でも街中を彩っている。
6月には青紫のジャカランダが見ごろを迎え、お宮緑地や糸川河口付近の国道135号を彩る。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
写真=5月18日撮影
■ブーゲンビリア 南米(ブラジル) 産のオシロイバナ科イカダカズラ属の熱帯性低木。花のように見えるのは、実際には、苞(ほう)と呼ばれるもので、苞が3枚集まったその中心に咲いている小さな白いものが花。苞は風に吹かれてヒラヒラと舞い、南国ムードを醸し出す。



中央町の「おふくろの味 るい」



中央町の「富岡酒店」


昭和町の「フジマ電気商会」

 



長浜海水浴場

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-16

    熱海市でまた1人、新型コロナ感染 同じカラオケ飲食店利用の3人目

    静岡県は7月16日、熱海市に住む1人が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。熱海市のコロナ…
  2. 2020-7-16

    熱海サンビーチで「浜降り神事」 御鳳輦、天狗先導で海中を練る

    来宮神社例大祭は7月16日、規模を縮小して御神幸行列を行い、本年度の御鳳輦(ごほうれん)奉仕を行う…
  3. 2020-7-16

    新型コロナ・感染拡大防止で参列限定 来宮神社例大祭厳かに

    来宮神社の例大祭は7月15日、本殿で例大祭神事が厳かに執り行われた。今回は新型コロナウイル…
  4. 2020-7-15

    秘密裏に宮神輿渡御 鎌倉時代からの伝統引き継ぐ 来宮神社例大祭

    来宮神社の宮神輿(みこし)保存会(山田康夫会長)は7月15日、新型コロナウイルス感染防止のため、規…
ページ上部へ戻る