「春のビール祭り」に4万4千人、GWの盛況に感謝/レインボーデッキ合同清掃


熱海市の渚親水公園レインボーデッキで5月18日、恒例の合同清掃が行われ、GW期間中など5月の連休に同デッキでイベントを開催した関係者11団体約50人が汗を流した。
中島幹雄熱海市観光協会会長をはじめ、「春のあたみビール祭り」「タカタ・フェスタ」の実行委員会のメンバーらが参加。ステージより東京寄りを飲食3団体、反対側を残りの団体が担当し、デッキブラシを使って粘着テープの跡などを念入りに除去し、ホースやバケツの水で洗い流した。このレインボーデッキの大掃除は、大型連休の盛況に感謝して、毎年この時期に行っている。
■春ビールに感謝、3日間で4万4千人
今年の「春のあたみビールまつり」は従来(5月3、4日)より1日増やして5月3~5日の日程で行われ、4万4千人の人出でにぎわった。中島会長は「初日はやや天候が芳しくなかったが、それでも3日間で4万人を超える人においでいただき、それぞれのお店の売れ行きもよかったと聞いている。イベント会場をきれいに掃除して夏のイベントに備えたい」と感謝の言葉を述べた。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
■春のビールまつり 5月3日=1万人、4日=1万8千人、5日=1万6千人
■清掃参加団体 熱海市観光協会、あたみビール祭り実行委員会、熱海商議所、熱海社交業組合、熱海料飲連合会、静岡県飲食業生活衛生同業組合熱海支部、熱海菓子商工業組合、宇田水産、アリンスパあたみ、タカタフェスタ実行委員会、海辺のあたみマルシェ実行委員会

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-4-18

    「まん延」で首都圏の日帰り客激減 宿泊客がゆったり花火見物

    今年度最初の熱海海上花火大会が4月17日、熱海湾で開催された。前線の影響で小雨が降り続く中…
  2. 2021-4-17

    「初島ところ天祭り」2年連続で中止 首都圏のコロナ感染再拡大で

    熱海市の初島区事業共同組合は、第46回「初島ところ天祭り」の中止を決めた。同組合は例年5月…
  3. 2021-4-16

    色鮮やかなツツジ、今年も晩春パノラマ MOA美術館「水晶殿」

    熱海市のMOA美術館のエスカレーター入口近くの展望台「水晶殿」でツツジが見ごろを迎えた。台…
  4. 2021-4-16

    ツツジ、姫の沢公園の山肌赤く染める 例年より2週間早く見ごろに

    熱海市の姫の沢公園で約6万株の赤やピンクのツツジが見ごろを迎えた。例年より2週間ほど早い。…
ページ上部へ戻る