89カ国から1508本の応募 熱海ロケ映画も1作品/熱海国際映画祭


熱海国際映画祭(6月28日~7月1日)の応募が5月15日締め切られ、コンペティション部門に89の国・地域から1508本の未公開作品が寄せられたことが分かった。21日、同実行委員会が明らかにした。このうち国内からは総計140本。静岡県内の数本、熱海市をロケ地とした作品「熱海のやまぼうし」も含まれる。
これらのコンペ作品を実行委員会が1次審査で100作品、2次審査で25作品に絞り込む。この最終候補作品を6月28日~30日にホテルサンミ倶楽部、起雲閣、熱海芸妓見番、熱海商議所などで上映し、行定勲さん(映画監督)、岡田裕さん(映画プロデューサー)らの審査委員が最優秀作品賞(賞金100万円)など受賞作品を決定する。表彰式は7月1日に熱海後楽園ホテルで開催する。
■熱海ロケ映画「熱海のやまぼうし」も応募
「熱海のやまぼうし」は、韓国のKポップ歌手と熱海芸妓(げいぎ)の恋を描いた作品。歌手と企業家の道の間で揺れ動く主人公「ユンホ」が、熱海で芸妓を目指す半玉「レイ」と恋に落ちるストーリー。原作と脚本を兼ねる女性監督イザベラ・カロンさんがメガホンを取り、熱海市の旧名画座の原貞和さんや村山憲三さんがプロデューサーに名を連ねている。撮影は熱海梅園、伊豆山神社、熱海サンビーチ、染井旅館、やきとりすぎ山などで行い、俳優の梅宮辰夫さんや熱海芸妓の小夏さん、こはくさん、美保さんらも登場する。ロケ全体の9割を熱海で行った。
(熱海ネット新聞・松本洋二)




関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-27

    姫の沢公園のスイセン、1万株壊滅 イノシシの“ラッセル掘り” 被害

    熱海市の姫の沢公園内のスイセン園に約1万株植えられているラッパスイセンがイノシシに掘り起こ…
  2. 2020-2-27

    “新型コロナ”配慮、梅まつり1日で終了 熱海市が3月中のイベント中止を発表

    新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、熱海市の齋藤栄市長は2月27日、3月末までに…
  3. 2020-2-26

    新型コロナ 静岡県内の検査、24日までに75件 全員が「陰性」

    川勝平太静岡知事は2月25日、国内外で感染者が増えている新型コロナウイルスによる新型肺炎について、…
  4. 2020-2-26

    28日の逍遥忌記念祭の式典中止 “新型コロナ”に配慮 海蔵寺墓参は実施

    熱海市は2月26日、28日に起雲閣で予定していた「逍遥忌記念祭」の式典を中止すると発表した。新型コ…
ページ上部へ戻る