89カ国から1508本の応募 熱海ロケ映画も1作品/熱海国際映画祭


熱海国際映画祭(6月28日~7月1日)の応募が5月15日締め切られ、コンペティション部門に89の国・地域から1508本の未公開作品が寄せられたことが分かった。21日、同実行委員会が明らかにした。このうち国内からは総計140本。静岡県内の数本、熱海市をロケ地とした作品「熱海のやまぼうし」も含まれる。
これらのコンペ作品を実行委員会が1次審査で100作品、2次審査で25作品に絞り込む。この最終候補作品を6月28日~30日にホテルサンミ倶楽部、起雲閣、熱海芸妓見番、熱海商議所などで上映し、行定勲さん(映画監督)、岡田裕さん(映画プロデューサー)らの審査委員が最優秀作品賞(賞金100万円)など受賞作品を決定する。表彰式は7月1日に熱海後楽園ホテルで開催する。
■熱海ロケ映画「熱海のやまぼうし」も応募
「熱海のやまぼうし」は、韓国のKポップ歌手と熱海芸妓(げいぎ)の恋を描いた作品。歌手と企業家の道の間で揺れ動く主人公「ユンホ」が、熱海で芸妓を目指す半玉「レイ」と恋に落ちるストーリー。原作と脚本を兼ねる女性監督イザベラ・カロンさんがメガホンを取り、熱海市の旧名画座の原貞和さんや村山憲三さんがプロデューサーに名を連ねている。撮影は熱海梅園、伊豆山神社、熱海サンビーチ、染井旅館、やきとりすぎ山などで行い、俳優の梅宮辰夫さんや熱海芸妓の小夏さん、こはくさん、美保さんらも登場する。ロケ全体の9割を熱海で行った。
(熱海ネット新聞・松本洋二)




関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-11-26

    コロナ対策の「緩み」を警戒 熱海飲食3団体、カラオケ感染防止を強化

    11月に入り、全国でカラオケや接待を伴う飲食店で新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が多発…
  2. 2020-11-26

    死んだ父親の特別定額給付金10万円を不正搾取 熱海市が被害届

    熱海署は11月25日、死亡した父親の特別給付金を不正受給したとして詐欺の疑いで住所不定の兄(49)…
  3. 2020-11-25

    3密避け、南熱海マリンホールで食中毒講習会 多賀、網代の飲食業者に注意喚起

    熱海食品衛生協会(森田金清会長)は11月25日、熱海市下多賀の南熱海マリンホール で「食中…
  4. 2020-11-25

    南あたみ第一病院「夏樹・平木文庫」開設 熱海ゆかりの作家・夏樹静子さん作品

    創立45周年を迎える南あたみ第一病院(熱海市下多賀)は11月28日、記念事業として「ミステリーの女…
ページ上部へ戻る