実行委員長に渡辺修一氏、7月15日宮神輿渡御/来宮神社宮例大祭


来宮神社の宮神輿(みこし)保存会(山田康夫会長)は5月23日、熱海市のホテル・サンミ俱楽部で2018年度の総会と懇親会を開いた。雨宮盛克宮司をはじめ、例大祭の芥川暉祭典委員長、中島幹雄熱海市観光協会会長など約60人の会員が出席。今年度の実行委員長に1999年度に御鳳輦(ごほうれん)奉仕を務めた平成鳳戌會(へいせいほうじつかい)の渡辺修一氏(60、渡辺耳鼻咽喉科・アレルギー科クリニック院長)を選出した。
渡辺氏は「今まで先輩、先人達が築き上げてきた伝統と格式のある宮神輿を継続し、今年も無事に精一杯つとめさせて頂きます」と抱負を述べ、「それには皆様方のご助力、ご協力が必要。お力添えのほどよろしくお願いいたします」と協力を呼びかけた。
また、今年度の御鳳輦を務める「来宮辰巳會(きのみやたつみかい)」が紹介され、川本数章会長があいさつした。
同神社の例大祭(こがし祭り)は7月14日(土)夕、祭りの安全を祈る宵宮祭で開幕。15日(日)は地域の安泰を祈る例大祭と宮神輿(みこし)渡御があり、氏子や町内会の若衆に担がれた「宮神輿」が各町内を練り歩く。16日(祝・月)は約300人の神幸行列の中心に、42歳の男衆が担ぎ上げる御鳳輦渡御と浜降り神事を行う。
(熱海ネット新聞・松本洋二)


昨年の宮神輿渡御


宮神輿保存会・山田康夫会長


来宮神社・雨宮盛克宮司


熱海市観光協会・中島幹雄会長


芥川暉祭典委員長


来宮辰巳會・川本数章会長

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-5-19

    満月の夜、波音響く熱海サンビーチで「月の道 薪能」 静岡DCで開催

    熱海サンビーチの特設舞台で5月19日夜、「熱海の森羅万象に捧ぐ 月の道  薪能」が開かれた。日が暮れ…
  2. 2019-5-19

    長浜海岸でアクアスロン 全国から170人が参加 スイムとラン競う

    水泳とランニングのレース、第7回南熱海アクアスロン大会(日本国際オープンウォータースイミング…
  3. 2019-5-19

    熱海駅で知人の男性の顔を切りつけ 女を傷害容疑で逮捕

    JR熱海駅の東海道新幹線改札口付近で、男性の顔をカッターナイフで切りつけたとして、熱海署は5月18日…
  4. 2019-5-18

    東海汽船、熱海⇆東京・竹芝(大島経由)が片道2千円 6月28日まで限定

    東海汽船は、期間限定で大島経由の「熱海⇄東京」航路を片道2000円で利用できる企画「海にもあるのぞみ…
ページ上部へ戻る