頼朝公の「武運」にあやかれ 下松田青年神輿、盛大に渡御/みそぎの滝神社


来宮神社(雨宮盛克宮司)を本宮とする熱海市緑ガ丘町の「みそぎの滝神社」で5月28日、下松田町内会(中村浩正会長)が2018年度例大祭を開いた。町内会役員や来宮神社厄年奉賛会「来宮辰巳會(きのみやたつみかい)」(川本数章会長)会員など約30人が参列した。
石祠(せきし)の前で雨宮宮司が祝詞を奏上したあと、参列者が玉串をささげ、家内安全や武運長久などを祈願。神事に続いて、下松田青年神輿(みこし)と子供神輿が氏子地域を練り歩き、例大祭を盛り上げた。神輿渡御は同町内会と来宮辰巳會、湯前神社宮神輿保存会、輝神会(上多賀)や友好団体の清水町、温泉町が加わり、120人が勇壮に練った。
源頼朝公にゆかりの同神社の例大祭は、昨年まで奉賛会が主催してきたが、会員の高齢化が進み、下松田町内会が引き継いだ。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
■みそぎの滝 源頼朝公にゆかりが深く、縁起がいい滝として知られる。流刑地の蛭ヶ小島(伊豆の国市)から熱海の伊豆山、日金山を訪れた際、渓流にかかる清らかな滝で身を清めて休憩。その折、滝の中から白いヘビが現れる夢を見、これを源氏復興の吉兆ととらえ、鎌倉幕府の開幕につなげた。頼朝公が訪れた当時は約5メートルのほども高さだったが、河川水路工事で現在は3分の1の高さに変更された。














関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-1-19

    来宮神社に阿波踊り奉納 「 連」結成10周年、参拝客が盛んな拍手

    糸川遊歩道での阿波踊り終了後の1月19日、湘南なぎさ連は熱海市の来宮神社を訪問。本殿で雨宮盛…
  2. 2019-1-19

    さくら彩る糸川遊歩道に「ヤットサー」 湘南なぎさ連が阿波踊り

    「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道で1月19日、南関東を代表する「湘南なぎさ連」(藤…
  3. 2019-1-18

    第二小4学年(学級数1)を学年閉鎖 児童5人がインフルエンザ感染

    熱海市は1月19日、第二小2学年(学級数1)でインフルエンザに感染したとみられる患者が多数発生し、学…
  4. 2019-1-18

    尾崎紅葉の功績に感謝、文豪の筆塚に玉串捧げる 昭和28年から続く伝統行事

    名作「金色夜叉」の作者として知られる明治の文豪尾崎紅葉を偲(しの)ぶ「尾崎紅葉筆塚祭」(筆塚…
ページ上部へ戻る