2017年度の宿泊客308万人、ジャカランダ効果で3年度連続の大台

熱海市は5月28日、平成29年度(2017年度)の市内宿泊客数が308万8140人(入湯税申告ベース)だったと発表した。前年度より2・3%増加(6万9609人)し、3年度連続で300万人台に乗った。4月と12月を除き、前年実績を上回り、閑散期の6月はジャカランダ効果で前年同月比で9・8%の増加。忘年会の時期が繰り上げる傾向から11月も同じく19・2%増えた。2017年(1月~12月)の集計でも307万1105人。
熱海の宿泊者数は東日本大震災が発生した翌年度の23年度(2011年度)に246万人まで落ち込んだが、V字回復が続いている。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
写真=昨年6月19日撮影
■2017年度 2016年4月~2017年3月

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-11-28

    熱海湾に水中から花火がにょっきり コロナ経済対策の小規模花火大会スタート

    熱海湾で11月27日夜、観光庁の魅力的な誘客コンテンツの補助事業採択を受けた小規模な花火大…
  2. 2020-11-27

    齋藤市長と竹部議長 温泉所在都市を代表して財政支援の要望書提出

    新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、温泉観光地の経済活動に深刻な影響が出ていることを受け、熱…
  3. 2020-11-27

    MOA美術館で「熱海座 第九コンサート」 大晦日に市民100人を無料紹介

    熱海市のMOA美術館は、12月31日に「熱海座 第九コンサート2020」を同美術館能楽堂で開く。ベ…
  4. 2020-11-26

    コロナ対策の「緩み」を警戒 熱海飲食3団体、カラオケ感染防止を強化

    11月に入り、全国でカラオケや接待を伴う飲食店で新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が多発…
ページ上部へ戻る