温泉活用の観光誘客の事例発表、別府で齊藤栄市長/世界温泉地サミット

国内外の温泉地の関係者が集まる国際会議「第1回世界温泉地サミット」が5月27日までの3日間、大分県別府市のビーコンプラザで開かれた。世界16カ国、熱海市の齊藤栄市長など国内の75自治体の首長や大学教授ら1000人が参加。世界各地での温泉資源を活用した観光誘客の事例発表や「観光」「医療・健康・美容」「エネルギー」をテーマに分科会を開き、意見を交わした。齊藤栄市長は熱海市が検証した温泉入浴の効果を紹介し、大湯間欠泉など「熱海七湯」をPRした。
(熱海ネット新聞)
■25日 環境省主催の「第3回全国温泉地サミット」。入浴だけでなく周辺の自然や文化などを楽しむことを意味する「新・湯治」に関する官民の連携のあり方を討議。
■26日 観光、医療・健康・美容、エネルギーの各テーマに分かれての分科会や事例発表。
■26、27日 国内外の温泉地の特産品を販売する「世界温泉地観光物産展」。熱海ブランド「AーPlus」商品などの特産品を販売。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2018-12-16

    陸前高田応援「タカタ・フェスタ」 あったか熱海でワンデー開催

    東日本大震災の津波被害を受けた岩手県陸前高田市の復興を応援するイベント「タカタ・フェスタ・イ…
  2. 2018-12-15

    「電子図書館」スタート 小説や郷土資料、無償貸し出し/熱海市立図書館

    熱海市立図書館は12月からインターネットを通じた電子図書の無料貸し出しサービスを始めた。小説…
  3. 2018-12-14

    三大流星群の一つ「ふたご座流星群」、熱海上空を通過! 15日朝まで飛行中

    三大流星群の一つで、冬の夜空を華やかに彩る「ふたご座流星群」が12月14日夜にピークを迎え、熱海市街…
  4. 2018-12-14

    1月の市長、議長らのハワイ視察 議会の反発で断念/熱海市議会

    [caption id="attachment_98337" align="alignnone" w…
ページ上部へ戻る