齊藤栄市長も額に汗、お宮緑地に7種類計958株を植栽/熱海花の会

「ATAMIジャカランダ・フェステイバル」(6月9日~24日)に訪れる観光客を初夏の花でもてなそうと熱海花の会(大竹順子会長)は6月5日、熱海サンビーチ入口のお宮緑地(お宮の松)の公共花壇の植栽を行った。会員30人が緑地内の2カ所の花壇に1株ずつ丁寧に植えこみ、齊藤栄と西島光章観光経済部長も手伝った。花はニチニチソウ、ベゴニア、ブルーサルビア、コリウス、コキア、トレニア、アンゲロニアの7種類計958株。赤、白、ピンク、青の花々が青紫のジャカランダを引き立て、今週末の開幕に備えた。
(熱海ネット新聞・松本洋二)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-18

    来宮神社、コロナ感染拡大で節分豆まき中止 神事と福引抽選会のみ実施

    熱海市の来宮神社は、2月2日に予定していた「節分祭・豆まき」の中止を決めた。例年、節分の日に合わせ…
  2. 2021-1-18

    和田木など南熱海4地区で「どんどん焼き」 燃える炎にコロナ終息祈る

    新春の風物詩「どんどん焼き」が1月17日午前、南熱海の4地区で開催された。もっとも歴史のあ…
  3. 2021-1-18

    尾崎紅葉の功績に感謝 文豪の筆塚に玉串捧げ、熱海の平穏回復祈願

    名作「金色夜叉」の作者として知られる明治の文豪尾崎紅葉を偲(しの)ぶ「尾崎紅葉筆塚祭」(筆…
  4. 2021-1-17

    熱海市で新たに2人がコロナ感染 10歳代女性と未成年者

    静岡県は1月17日、熱海市に住む10歳代女性と未成年者(性別は公表を望まず)の新型コロナウイルス感…
ページ上部へ戻る