齊藤栄市長も額に汗、お宮緑地に7種類計958株を植栽/熱海花の会

「ATAMIジャカランダ・フェステイバル」(6月9日~24日)に訪れる観光客を初夏の花でもてなそうと熱海花の会(大竹順子会長)は6月5日、熱海サンビーチ入口のお宮緑地(お宮の松)の公共花壇の植栽を行った。会員30人が緑地内の2カ所の花壇に1株ずつ丁寧に植えこみ、齊藤栄と西島光章観光経済部長も手伝った。花はニチニチソウ、ベゴニア、ブルーサルビア、コリウス、コキア、トレニア、アンゲロニアの7種類計958株。赤、白、ピンク、青の花々が青紫のジャカランダを引き立て、今週末の開幕に備えた。
(熱海ネット新聞・松本洋二)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-22

    ダイヤモンド・プリンセスの乗客に熱海市の夫妻も 下船許可に安堵

    横浜港・大黒ふ頭に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で2月21日、新型コロナウイルスの…
  2. 2020-2-21

    静岡県立高校の入学願書締め切り 熱海は0.94倍 で定員割れ

    静岡県内の公立高校の入学願書の受け付けが締め切られ、県教育委員会は2月20日、志願倍率を発表した。…
  3. 2020-2-21

    新型肺炎感染に配慮 藤曲敬宏県議「県議会傍聴バスツアー」取りやめ

    新型コロナウイルスによる肺炎拡大で、熱海市選出の藤曲敬宏県議の後援会「藤曲たかひろ事務所」は、3月…
  4. 2020-2-20

    「大漁桜」が満開 漁師まちがサクラダイ色 網代・阿治古神社

    熱海市網代の阿治古神社で大漁桜(タイリョウザクラ)が満開を迎えた。多賀中で校長を務めた故角田春彦さ…
ページ上部へ戻る