恒例の「梅の実落とし」 初日収穫量は400キロ、ほぼ昨年並み/熱海梅園

熱海梅園で6月7日、木に栄養を残すため梅の実が熟す前に収穫する恒例の「梅の実落とし」があり、市職員7人とボランティア6人が2組に分かれ、作業を行った。長さ4メートルあまりの竹の棒で枝葉を揺すって振り落とすと、直径3センチほどのまだ青い梅の実が次々と落下。課外授業で訪れた第一小の1年生30人が梅の木の下にブルーシートを広げるなどして手伝った。
ことしは2月から3月にかけて例年より気温が低かったため実のつきが悪く、不作が予想されたが、初日は400キロを収穫。8日もほぼ同量が見込まれることから、昨年よりやや下回る800キロ程度が予想されている。
熱海梅園には59種、472本の梅の木が植えられているが、梅干しなどに使える木は「林州」「白加賀」「長束」など132本の実梅。収穫した実は市内の梅干し製造会社「東明」(岸幸宏社長)と熱海卸酒販会社(池田直文社長)に販売され、熱海梅園をPRする商品として市場に出る。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
【過去12年の収穫量】
▼2007年(110㌔)△08年(350㌔)▼09年(209㌔)■10年(採取なし)△11年(455㌔)▼12年(425㌔)△13年(520㌔)▼14年(420㌔)△15年(630㌔)▼16年(120㌔)△17年(880㌔)▼18年(810㌔)






子供たちが収穫した梅「林州」の花=今年2月撮影

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新イベント情報

ピックアップ記事

  1. 2018-8-15

    熱海市街が激しい渋滞 Uターンラッシュがピーク バブル期以上の混雑

    お盆休みを熱海をはじめ、伊豆半島の東海岸の行楽地や帰省先から戻る車で熱海市内の道路の上りが8月15日…
  2. 2018-8-15

    熱海音頭で盆踊り 観光客と市民が踊りの輪/ 網代温泉「ふる里祭り」

    熱海市網代温泉の夏の風物詩「ふる里祭り・盆踊り」が8月14日始まり、初日はおよそ200…
  3. 2018-8-14

    お盆休みピークに突入 熱海サンビーチ賑わう、今夏最高の人出

    お盆休みが始まった8月13日、熱海サンビーチは首都圏などから訪れた行楽客や帰省客でにぎわ…
  4. 2018-8-14

    U ターンラッシュ始まる、上り線渋滞 熱海市内の道路混雑

    お盆入りの8月13日、熱海市内の幹線道路はお盆休みを利用して熱海市を訪れる人や一足先に夏休み休暇を楽…
ページ上部へ戻る