ドローンを使ってテロ合同対策訓練 熱海署など6機関が連携

熱海署(奥田交治署長)は6月7日、熱海市渚町のスパ・マリーナ熱海でテロ対策訓練を実施した。来年のラグビーワールドカップ日本大会、2020年東京五輪・パラリンピックを見据えて県警機動隊、下田海上保安部、スパ・マリーナ熱海、伊豆小型船安全協会、建設会社・東豆土木の6機関が連携して実施。
「熱海港内を周遊する遊覧船サンレモ号にテロを目的とし、爆弾物を所持する男が遊覧船を乗っ取り、東京湾のオリンピック会場へ行けと要求」していると想定して行い、55人が参加した。
同署から出動要請を受けた東豆土木(出口直樹社長)が無人航空機(ドローン)を使って近くから船内の状況を確認した後、遊覧船は乗務員の提案で燃料・食料補給のため桟橋にいったん戻った。そこに食料を持った署員が乗り込んで犯人の注意を引いている間に警備艇が背後から接近、犯人が振り向くと即座に取り押さえ、ドローンを使った犯人逮捕の有効性を確認した。同土木と熱海署はドローンを使った活動支援協定を締結している。
(熱海ネット新聞・松本洋二)




写真=坂本武典さん提供

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-5

    小池知事「都民は他県への移動遠慮を」静岡県「見えない感染者」警戒

    東京都で新型コロナウイルスの感染者が3日連続で100人を超えたのを受け、小池百合子知事は7月4日、…
  2. 2020-7-3

    令和樹神會、熱海中学校を訪問「モォー」塩見校長も豪快に「麦こがし」 

    来宮神社の例大祭で本年度御鳳輦(ごほうれん)奉仕を行う厄年奉賛会「令和樹神會」(れいわこだまかい)…
  3. 2020-7-3

    来宮神社「令和樹神會」の天狗慰問始まる 桃山小学校で「御鳳輦」伝統伝える

    来宮神社の例大祭(14~16日)で本年度御鳳輦(ほうれん)奉仕を行う厄年奉賛会「令和樹神會…
  4. 2020-7-3

    熱海市和田浜南町に新ホテル建設 地上9階建て31室 ニュータカハシ跡地

    熱海市和田浜南町に新ホテルが建設されることが分かった。場所は国道135号沿いのホテル「ニュータカハ…
ページ上部へ戻る