ジャカランダ色 青紫のドリンク、熱海のトレンドに/熱海菓子工房ニコリーフ 


「ATAMIジャカランダ・フェスティバル」のオープニングセレモニーで乾杯に使われたジャカランダ色のドリンクが話題になっている。熱海ネット新聞にも問い合わせが相次いでいるので紹介する。
熱海市和田町の欧州洋菓子店「熱海菓子工房 NIKOLEAF(ニコリーフ)」(二光食品、越地孝代表)が、今年の同フェスティバルに合わせて企画したもので、ハーブティーの一種「バタフライピー・ティー」を炭酸水で割り、レモン果汁を加えて、青紫色のドリンクに仕立てた。今回の乾杯がお披露目の舞台。ご覧のようにジャカランダの花のように魅惑的-。
■今年4月に「熱海バッハマン」から店名変更 
同店は、2014年6月に「ジャカランダ遊歩道」が完成した際にジャカランダをイメージした焼き菓子「ジャカランダのさんぽ道」(熱海ブランド認定商品=A―PLUS)を作り、熱海のお土産品として定着している。今年は、4月に店名を慣れ親しんだ「熱海バッハマン」から「ニコリーフ」に変更。販売責任者の越地千春さんは「ジャカランダが咲く初夏の熱海にふさわしい冷たい飲み物を考えた。新しい店名のイメージ通り。洋菓子ジャカランダのさんぽ道との相性もぴったり」とPR。
ジャカランダ・フェスティバルの出店は6月24日までの土・日曜日、午前11時~午後2時。カップで販売し、大は300円、小は200円で提供している。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
問い合わせ ☎0557-81-8066(熱海菓子工房 ニコリーフ)





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2018-12-16

    陸前高田応援「タカタ・フェスタ」 あったか熱海でワンデー開催

    東日本大震災の津波被害を受けた岩手県陸前高田市の復興を応援するイベント「タカタ・フェスタ・イ…
  2. 2018-12-15

    「電子図書館」スタート 小説や郷土資料、無償貸し出し/熱海市立図書館

    熱海市立図書館は12月からインターネットを通じた電子図書の無料貸し出しサービスを始めた。小説…
  3. 2018-12-14

    三大流星群の一つ「ふたご座流星群」、熱海上空を通過! 15日朝まで飛行中

    三大流星群の一つで、冬の夜空を華やかに彩る「ふたご座流星群」が12月14日夜にピークを迎え、熱海市街…
  4. 2018-12-14

    1月の市長、議長らのハワイ視察 議会の反発で断念/熱海市議会

    [caption id="attachment_98337" align="alignnone" w…
ページ上部へ戻る