ちゃっきり節で日本一 民謡小森会の池家京子さん、5度目の挑戦で栄冠

5月12日に三島市民文化会館で開かれた第31回静岡・ちゃっきり節日本一全国大会(静岡県民謡協会主催)で優勝した熱海市咲見町の社交ダンス講師・池家京子さん(49)が6月11日、市役所に齊藤栄市長を訪ね、日本一を報告した。池家さんは市内中央町の民謡小森会の門下生で師匠の小森高正さん(市議)とともに市長応接室で賞状や優勝杯の数々を披露した。
大会は県内外から5~91歳の民謡愛好家107人が出場。男女優勝者による「日本一決定戦」で池家さんが制した。過去3位3回、4位1回。5度目の挑戦で日本一に輝いた。
5歳から民謡を習い始め、結婚で中断。6年前から民謡小森会で稽古を再開した池家さんは「他の人が優勝すると思っていたのでびっくりした。指導してくれた師匠にお礼を言いたい」と小森さんに感謝。市長は「日本一は、市民にとって大きな誇り」と祝福した。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
■民謡小森会 熱海市をはじめ、小田原市、南足柄市、富士市、富士宮市、稲取(東伊豆町)で小森高正さんが主宰する民謡教室。直系弟子だけで40人超。孫弟子は多数。
■小森高正さんの話 31大会で地元静岡県民の優勝者は池家さんで9人目。それほどちゃっきり節は地元県民でも難しい唄。何としても県外にわたった優勝カップを静岡県に取り戻したい一念でこの1年、敢えて鬼コーチに徹して指導してきた。池家さんは津軽民謡で全国ランキング21位の実力者で昨年も入賞した。今度は津軽民謡で日本一を期待している。
【女性の部】優勝 池家京子さん(静岡県熱海市=総合優勝)▽準優勝 中村藍(奈良県)▽審査員奨励賞 吉岡恵美子(茨城県)▽特別賞 坪内綾香(愛知県)
【男性の部】優勝 千葉良(神奈川県)▽準優勝 長谷川秀男(千葉県)▽特別賞 森谷浩一(神奈川県)
【少年少女の部】優勝 山賀桃子(愛知県)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2018-12-17

    熱海署「110マン」、ご当地ヒーローもパレード/熱海市民安全大会

    年末の交通安全県民運動(12月15~31日)に合わせ12月17日、熱海市は渚町の渚小公園で市…
  2. 2018-12-17

    今年最後、熱海海上花火大会! 2018年は39万3千人が観賞

    今年のフィナーレを飾る「忘年熱海海上花火大会」(主催・熱海市ホテル旅館協同組合連合会)が12…
  3. 2018-12-16

    陸前高田応援「タカタ・フェスタ」 あったか熱海でワンデー開催

    東日本大震災の津波被害を受けた岩手県陸前高田市の復興を応援するイベント「タカタ・フェスタ・イ…
  4. 2018-12-15

    「電子図書館」スタート 小説や郷土資料、無償貸し出し/熱海市立図書館

    熱海市立図書館は12月からインターネットを通じた電子図書の無料貸し出しサービスを始めた。小説…
ページ上部へ戻る