堀江君(熱海高1年)、広瀬君(熱海中3年)に市長賞/佐佐木信綱祭短歌大会


晩年を熱海で過ごし、熱海の文化発展に貢献した歌人佐佐木綱信を顕彰する「第44回佐佐木信綱祭短歌大会」(実行委員会主催)が6月9日、起雲閣で開かれた。一般の部233首(自由題)と177首(題詠熱海)、中学の部528首、高校の部227首の応募があり、佐佐木信綱大賞、熱海市長賞、静岡県歌人会賞、凌寒賞などがそれぞれ授与された。
信綱の孫で歌人の佐佐木幸綱さん、幸綱さんの長男・頼綱さん、次男・定綱さんら歌人5人が務め、「佐佐木信綱大賞」に鷺沼あかねさん(東京)の「絵具溶き紙に色置く仕事して水は静かに空へとかへる」を選んだ。高校生の部では、堀江心君(熱海高校1年)の「桜舞う四月の空に誘われて新たなる道へ足踏み入れる」、中学生の部では広瀬佳樹君(熱海中学校3年)の「窓を見る花びら一つ降ってきたその花びらを風に渡すよ」がそれぞれ市長賞に選ばれ、齊藤栄市長から表彰状が贈られた。
また熱海中学吹奏楽部37人による信綱作詞の「夏は来ぬ」や「旧熱海中学校歌」、幸綱さん作詞の現在の熱海中校歌「光る海」(作曲NOKKOさん)が披露され、市内外から集まった約180人が信綱の遺徳を偲んだ。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
■佐佐木信綱 明治5年、三重県生まれ。歌人・国文学者。唱歌「夏は着ぬ」の作詞者。岩波文庫「新訓万葉集」「新古今和歌集」等の編物。昭和12年に第1回文化勲章受賞。昭和19年(72歳)から91歳で没するまで熱海市西山町の「凌寒荘」で過ごした。


熱海市西山町の「凌寒荘」

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2018-12-17

    熱海署「110マン」、ご当地ヒーローもパレード/熱海市民安全大会

    年末の交通安全県民運動(12月15~31日)に合わせ12月17日、熱海市は渚町の渚小公園で市…
  2. 2018-12-17

    今年最後、熱海海上花火大会! 2018年は39万3千人が観賞

    今年のフィナーレを飾る「忘年熱海海上花火大会」(主催・熱海市ホテル旅館協同組合連合会)が12…
  3. 2018-12-16

    陸前高田応援「タカタ・フェスタ」 あったか熱海でワンデー開催

    東日本大震災の津波被害を受けた岩手県陸前高田市の復興を応援するイベント「タカタ・フェスタ・イ…
  4. 2018-12-15

    「電子図書館」スタート 小説や郷土資料、無償貸し出し/熱海市立図書館

    熱海市立図書館は12月からインターネットを通じた電子図書の無料貸し出しサービスを始めた。小説…
ページ上部へ戻る