堀江君(熱海高1年)、広瀬君(熱海中3年)に市長賞/佐佐木信綱祭短歌大会


晩年を熱海で過ごし、熱海の文化発展に貢献した歌人佐佐木綱信を顕彰する「第44回佐佐木信綱祭短歌大会」(実行委員会主催)が6月9日、起雲閣で開かれた。一般の部233首(自由題)と177首(題詠熱海)、中学の部528首、高校の部227首の応募があり、佐佐木信綱大賞、熱海市長賞、静岡県歌人会賞、凌寒賞などがそれぞれ授与された。
信綱の孫で歌人の佐佐木幸綱さん、幸綱さんの長男・頼綱さん、次男・定綱さんら歌人5人が務め、「佐佐木信綱大賞」に鷺沼あかねさん(東京)の「絵具溶き紙に色置く仕事して水は静かに空へとかへる」を選んだ。高校生の部では、堀江心君(熱海高校1年)の「桜舞う四月の空に誘われて新たなる道へ足踏み入れる」、中学生の部では広瀬佳樹君(熱海中学校3年)の「窓を見る花びら一つ降ってきたその花びらを風に渡すよ」がそれぞれ市長賞に選ばれ、齊藤栄市長から表彰状が贈られた。
また熱海中学吹奏楽部37人による信綱作詞の「夏は来ぬ」や「旧熱海中学校歌」、幸綱さん作詞の現在の熱海中校歌「光る海」(作曲NOKKOさん)が披露され、市内外から集まった約180人が信綱の遺徳を偲んだ。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
■佐佐木信綱 明治5年、三重県生まれ。歌人・国文学者。唱歌「夏は着ぬ」の作詞者。岩波文庫「新訓万葉集」「新古今和歌集」等の編物。昭和12年に第1回文化勲章受賞。昭和19年(72歳)から91歳で没するまで熱海市西山町の「凌寒荘」で過ごした。


熱海市西山町の「凌寒荘」

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-12-10

    熱海の新年彩る「まゆ玉」づくり 来宮神社で縁起物の準備始まる

    熱海市の来宮神社で正月の縁起物「まゆ玉」作りが12月10日、始まった。まゆ玉は家庭や職場にまつるこ…
  2. 2019-12-10

    湯川れい子さん訳詞の「ボヘミアン・ラプソディ」、氷川きよしさんが日本語カバー

    英国の伝説的ロックバンド・クイーンと独自のパイプを持ち、熱海を拠点に活躍する音楽評論家の湯川れい子…
  3. 2019-12-10

    【お悔やみ】仲森栄さん(熱海市和田町)12月8日死去

    仲森栄さん(なかもり・さかえ)12月8日死去、79歳。熱海市和田町。通夜12日午後6時。葬儀13日…
  4. 2019-12-9

    消費増税も影響なし、忘年熱海海上花火大会に1万5千人 冬の夜空彩る

    熱海梅園もみじまつりが閉幕した12月8日夜、熱海市では年末恒例の忘年熱海海上花火大会がスタ…
ページ上部へ戻る