「民泊」解禁、熱海市内の届け出は3件 全て一戸建て、共同住宅はなし

一般住宅などに旅行客らを泊める「民泊」のルールを定めた住宅宿泊事業法が6月15日、施行された。熱海市内の熱海保健所への届け出は3件。すべて要件を満たし、受理された。物件は全て一戸建て(別荘も含む)で共同住宅はなかった。県全体の届け出は40件。
法が定めた営業の上限は180日。静岡県は条例で学校周辺100メートル以内や住居専用地域で平日の営業を禁止。閑静な住宅街や別荘地など生活環境悪化が防止されるべき区域として、制限を設けている。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2018-11-17

    ゴーン、 今年は韓国庭園のドラの音で幕開け/熱海梅園もみじまつり

    熱海梅園で11月17日、「熱海梅園もみじまつり」(熱海市観光協会主催)が開幕した。今…
  2. 2018-11-17

    福祉への理解や絆呼び掛け、26団体が一堂に/熱海・福祉まつり

    熱海市内の福祉団体や施設、協力団体が一堂に会して絆を深める第36回「福祉まつり」(実行委…
  3. 2018-11-16

    ライトアップ完了、夜空に紅葉しっとりと浮かぶ/熱海梅園もみじまつり

    「熱海梅園もみじまつり」開幕前日の11月16日夜、熱海梅園でライトアップが一足先に始まり、紅葉し始め…
  4. 2018-11-16

    11月17日に「熱海自然郷コンサート」 別荘住人と日本酒で交流!

    熱海市の別荘地「熱海自然の郷」の集会所で11月17日(土)、別荘所有者や住人らが第1回「熱海自然の郷…
ページ上部へ戻る